イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの女性: ペギー・グッゲンハイム(3)

(続き)
「父方の祖父マイヤー・グッゲンハイムは原産地からの織物の輸入業を始めようと、1848年7人の息子達とスイスからアメリカへやって来ていた。しかし銀、銅の採掘と、その冶金の業界で財を成していた。セリグマン家はアメリカで最も重要な金融業者だった。両家とも金の稼ぎ方はもとより、それをどこでどのように使うかも熟知した人達だった。

マイヤーの息子の一人マレーはペギーの伯父でもあるが、ニューヨークの貧しい人達のために歯科診療所を設立した。別の伯父ダニエルは、科学芸術活動促進のためにグッゲンハイム基金を設立した。一方ソロモンは自分の名前と同名の財団を持つ博物館を設立し、また別の兄弟シモンは、芸術文化振興を促進し、価値あるものにするためにグッゲンハイム・メモリアル基金を息子のジョン・シモンの思い出のために設立した。

ペギーの父ベンジャミンはあまり芸術文化には向いていなかったが、彼の死は大変高貴で、高潔な行為であり、隣人愛の範を垂れるものであった。1912年4月15日タイタニック号の沈没で死んだのだった。英雄的な最期だったと伝えられる。というのは紳士として自己犠牲を示し、ある夫人に救助艇の自分の席を譲ったのだった。そして最後まで自分の義務を尽くしたと妻への伝言を頼んだ。

この悲劇が届いた時、ペギーは20歳前だった。遺産は相当なものだったが、伯父達の計り知れない規模の財産ではなかった。だから彼女は働くことを決め、ある図書館に勤め、芸術家達と付き合った。

しかし生まれながらの持参金は、譬え教育と経験によって形作られ、強化されたにしても、あるレベルには届かなかった。図書館で彼女は美術畑の人達を知り始め、美術作品制作の生きた実際を直ぐ傍らで見るようになっていた。

1920年、22歳の時、ヨーロッパに向けて乗船した。目指す先はパリである。彼女が呼吸しているのは美術界であるのは明白だが、伝説的なパリの芸術家コミュニティの魅力は、彼女を魅了して止まなかったのである。パリでは働く必要はなかった。結局厳密な意味においても必要という観念をニューヨークでも持たなかったのである。
ペギー画像[マン・レイの撮ったペギー] 彼女は多くの芸術家達のど真ん中で、熱狂的に、自由奔放に若さを生きた。その中で有名になったのである。偉大なるマン・レイの著名な写真は、コンスタンティン・ブランクーシとマルセル・ドュシャンと共に彼女を表現している。しかし[ジェーノヴァ湾に面した]ラパッロで出会った詩人エズラ・パウンド以外、彼女の友人達はノヴェチェントの芸術家[アーティスト]なのである。

1938年には到頭ロンドンのコーク街へ行き、画廊を開いた。1月の最初の展覧会はジャン・コクトーのデッサンであった。更にヴァシーリイ・カンディーンスキイのイギリスでの最初の展覧会、それとイヴ・タンギーの展覧会があった。
マックス・エルンスト[マックス・エルンスト『花嫁の着衣式』] 第二次世界大戦は彼女をニューヨークに連れ戻し、コレクションを戦禍から救った。そしてニューヨークでも“Arts of This Century”という画廊を開いた。そしてその間も彼女のコレクションは増えていった。即ち、ピカソ、マックス・エルンスト(1942年に結婚した)、マグリット、サルヴァドール・ダリ、クレー、シャガール、ムーア、カルダー、ジャコメッティである。

そしてジャクソン・ポロックを見付け出した。彼はペギーに24時間態勢(夜も昼も)で雇われる前に、ニューヨークで伯父ソロモンの博物館の大工として雇われていたのだった。」 (4に続く)
  1. 2017/09/21(木) 00:03:37|
  2. | コメント:0
<<ヴェネツィアの女性: ペギー・グッゲンハイム(4) | ホーム | ヴェネツィアの女性: ペギー・グッゲンハイム(2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア