FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ザネッタ・ファルージ(Zanetta Farusi)(1)

カルロ・ゴルドーニの『回想録』にも書かれた、ジャーコモ・カザノーヴァの母、ザネッタの事に興味が湧き、PCのイタリア百科事典(Treccani)を見ていると、その項目がありました。2009.10.17日のカルロ・ゴルドーニや2011.04.16日のヘルマン・ケステンで少し触れました。あの時代、彼女の息子を含めヨーロッパを駈けずり回ったイタリアの自由人の生きざまが興味深いです。

「Farusi(Farussi)、Zanetta(Giovanna Maria―通称ザネッタ)――靴職人ジローラモと妻マルツィアの一人娘で、1708年の夏(Rasiによると1709年)、ヴェネツィアのブラーノ島に生まれた。ジャーコモ・カザノーヴァの回想録(p.27)の注記に従えば、16歳でその美しさは完璧だったとし、俳優、ヴァイオリン奏者、ダンサーであったガエターノ・カザノーヴァに出会った。彼は平凡な喜劇役者で、家を飛び出してある女優との乱れた関係の後、1724年ある特徴もない喜劇団とヴェネツィアにやって来て、サン・サムエーレ劇場で演じていた。

両親が言う“目付きが忌々しいコメディアン”(回想録1巻p.28)との結婚の同意を得ることに失望して、ファルッスィは自分を連れ出させ(駆け落ちし)、1724年7月、この俳優と結婚した。

父ジローラモの死で胸も張り裂けそうな思いをした後、多分1725年母マルツィアは娘が舞台には立たないという約束――カザノーヴァが注記しているように一般人と結婚した全ての役者は保証はするが守られたことのない約束――を得て、娘夫婦を許すことにした。1726年長男ジャーコモ誕生から1年後、彼女はロンドンと契約を結んだ夫に付いて行き、そこで親との約束はご破算になり、息子を母に預けて芝居を開始し、満足のいく成功を収めた。

1727年の夫婦の移動は不安定で、2番目の息子フランチェスコの誕生地についてある解説者はリスボンと言い、他の人はロンドンと言っている。

1728年はヴェネツィアにおり、ここでガエターノはサン・サムエーレ座の劇団員に新しく雇われた。彼女の舞台活動についての証言は見付かっていないが、カザノーヴァの回想録の一節が指摘しているように、ブラネッラの愛称を使って彼女は演じ続けた(回想録1巻p.29)。《1728年の暮れ頃、母は夫とヴェネツィアに戻り、喜劇女優となり、演じ続けた。》

1728~32年、3人の子供をもうけた。ジョヴァンニ・アルヴィーゼ(1728~98)、幼くして死んだ娘、マリーア・マッダレーナ・アウグスタ[或いはアントーニア(1732~1800)]である。1733年、後に生まれた息子は恐らく異父の子であるが、その名前は知られていない。

1733年12月夫の死で、彼女はジュゼッペ・イメール一座にザネッタ・カザノーヴァの名前で一番手の恋人役で入団した。カルロ・ゴルドーニはその年彼女を知り、“非常に可憐で有能な未亡人”と彼女を表現した。生き生きとした、センス抜群の、朗々たる演技力ある女優だった。

作曲家G・マッカーリとの共作があると書かれており、1734年12月『Belisario(ベリザーリオ―東ローマ帝国の将軍ベリサリウス)』でサン・サムエーレ座に登場した。瞳ちゃん役(pupilla―最愛の者)で大成功だった。イメール座の主たる役者達“3人の内、誰も音楽というものを知らなかった。ザネッタさえ音程はいい加減だったが、3人ともその生き生きした演技で観客に愛された”(Ortolani(オルトラーニ)、p.1225).

同じ人々が、イメール座のために書いたゴルドーニの“インテルメッゾ”を演じた。1735年のカーニヴァルの終り頃には大成功の出し物となった。それは『la Birba(ビルバ―ならず者)』だったが、一緒に演じられた悲劇『Rosmunda(ロズムンダ)』はそうはいかなかった。多分イメール座とうまくいかなかった事と、その公演が大変な収入になった事が彼女をヴェネツィアから去らせることになった。
ロズムンダ[サイトから借用。ランゴバルトの王アルボイーノは妻の王妃ロズムンダに殺される。アルボイーノについては、2014.12.18日のヴェネツィアの歴史をご参照下さい。私の大好きな女優エレオノーラ・ロッスィ・ドラーゴがロズムンダ役、米俳優ジャック・パランスがアルボイーノに扮した伊映画(Rosmunda e Alboino(1961)、米語題名Sword of the Conqueror→日本題名『ビザンチン大襲撃』)が1963年封切られたそうです。Youtubeにその映画がありました。ビザンチン大襲撃です。]

ゴルドーニの悲嘆は大きなものがあった。それは彼女の出発がある種、女優の喪失と思われたし、幕間劇(インテルメッゾ)は観客にとって舞踊と対比で考えられたからである。《……私にとって、ザネッタ・カザノーヴァの出立は大変関心を引くことであったし、彼女は喜劇の出し物の中で、2番手の女役以上に幕間劇中、考えられる空白を埋める存在だった》(ゴルドーニ『回想録』デル・ベッカーロ編、ミラーノ1965、p.171)。

それはファルッスィが歌手としての才能はないものの、音楽劇の、特に演者として留まったという仮説をすれば、興味深い。」 (2に続く)
  1. 2017/11/16(木) 00:24:24|
  2. | コメント:0
<<マドンナ・デッラ・サルーテ教会の祭り | ホーム | ヴェネツィアの聖マルティヌス祭(11月11日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア