イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

Libreria Emiliana(E)(エミリアーナ書店)

この地で知り合った仏人女性ベアトリスと夕食前リアルト地区のバーカロで、よくスプリッツ・コン・ビッテル(spritz con bitter)を飲みながら、お喋りをしました。彼女は3年前から昼間はサン・ラッザロ・デリ・アルメーニ(S.Lazzaro degli Armeni)島の同名教会付属図書館の古本の修復を仕事にしていました。修復には和紙が最適なんだそうです。
[和紙と言えば、日本の援助で行われたヴァティカン宮システィーナ礼拝堂の、ミケランジェロ画『最後の審判』の修復でも活躍しました。]

彼女は仕事が終わると、帰りの船上から私の携帯に電話してきて、私達はリアルト橋の頂上でランデヴーをしました。彼女は日本の浮世絵が好きで(オリジナルを数枚所持)、日本に大変興味を持っていました。

サン・ポーロ広場(Campo S.Polo)北のリーオ・テラ・セコンド(Rio Tera` Secondo)に、ヴェネツィアの印刷出版業を繁栄させたアルド・マヌーツィオ(Aldo Manuzio、1450~1515)が、1495年から印刷所を構えた場所として、ラテン語のプレートが掲げられていることは知っていました。
マヌーツィオの碑マヌーツィオの碑の壁面[リーオ・テラ・セコンドの碑] 彼女がお喋りの中で教えてくれたのは、アルド以前にフランスから来たニコラ・ジャンソン(Nicolas Jenson、1420~80)が、丸型のローマン体の活字、現在ヴェネシアン・オールド・スタイル(Venetian old style)と呼ばれる活字を考案し[ガラモンやアルドゥス書体の礎となったそうです]、アルドが活躍する土壌を既に作っていたことでした。

ニコラはグーテンベルクが活版印刷術を発明した(1455年『四十二行聖書』出版)後、マインツ(Magonza)でその技術を学び、母国に帰国しないでヴェネツィアに到来、印刷所を開いたのでした。

彼女に教えられて、ゴルドーニ通り(calle Goldoni)のエミリアーナ書店(Libreria Emiliana)で、ニコラとアルドが実際に出版した本を見せて頂くことが出来ました。現在の書籍と同じ大きさの本で、彼らの作り出した新書体のお陰で本の小型化が成ったのでした(本と言えば、以前は印刷ではなく筆写のため、持ち運びの大変な、大きな物が当たり前だったのです[ミニ本も存在したようですが]。小型本発明以前、学生達にとって勉学は大変な労苦を強いられたことでしょう)。

彼女にアルド・マヌーツィオ2世の印刷所のことを尋ねると、知らないということなので案内しました。アルドの孫が2世を名乗り、サン・ルーカ広場(Campo S.Luca)とマニーン広場(Campo Manin)を結ぶリーオ・テラ・サン・パテルニアーン(Rio Tera` S.Paternian)のヴェネツィア貯蓄銀行の壁面に、アルド2世が印刷所をこの地に移したとのプレートが貼ってあることを偶々目にしていたからです。

アルド時代ヴェネツィアはヨーロッパ随一の出版王国(150を超える印刷所があったとか)で、第2位のパリの2倍以上の出版点数を誇りました。マヌーツィオ、ジョリーティ、ジュンティ、マルコリーニ、ミラーノ出身のビンドーニ一族等の出版社や地図出版のラムージョ、それ以外にも、音符と譜線を一つに出来る楽譜印刷システムを考案したオッタヴィアーノ・デイ・ペトルッチ(1466フォッソンブローネ~1539ヴェネツィア)をはじめ、フランスから来たガルダーノ一族(仏名Gardane)、ジローラモ・スコット、アンティーコ、ヴィンチェンティ等の楽譜出版社が名を馳せたそうです(音楽出版社名は『ニューグローヴ音楽事典』(全20巻、講談社)から抽出しました)。

ヴィヴァルディが『調和の幻想』を出版した(1711年)のは、オランダのアムステルダムのロジェ出版社からでしたから、1700年代の初めにはヴェネツィアの凋落は目に余るものだったと思われます。

追記=アルド1世、2世について間違いを犯しています。2007年12月13日のRio tera` S.Paternianに訂正を書きました。

追記2=パリの老舗書店ガリニャーニ(Galignani)は、16世紀からヴェネツィアで出版業を営んでいた一族が1802年パリに移り住んで創業して以来の書店だそうです。そのガリニャーニ書店については、2010.01.30日にパリ(2)に追記を書きました。
  1. 2007/10/31(水) 02:23:45|
  2. ヴェネツィアに関する書籍
  3. | コメント:0
<<Veronica Franco(F)(ヴェローニカ・フランコ―1546~91) | ホーム | Campo Do Pozzi(D)(二つの井戸広場)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア