イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアでの墓参

11月1日は諸聖人の祝日(I Santi)、11月2日は故人の日(I Morti)で、11月は云わば日本のお盆のような墓参りの月です。そんなこともあってヴェネツィアに行ってきました。

この4月、マリーノ氏が亡くなったと夫人のMさんがメールを呉れました。直ぐには行けなくて、今月になってしまいました。糖尿病の薬が原因で半身不随になったマリーノさんの介護に、彼女が何年も奮闘していた姿はヴェネツィアに行くたびに目にしました。頭が下がる思いでした。

彼はサン・フランチェスコ・デッラ・ヴィーニャ教区に生まれたのですが、現在は住んでいたリード島のサン・ニコロ教会脇の墓地に眠っていました(ユダヤ人墓地が隣接しているそうです)。ご冥福を祈ります。

何度か日本にまで電話を呉れたパーオラさん! 彼女はメーストレ(Mestre)の奥のスピネーア(Spinea)に住んでいましたが、昨年亡くなってしまいました。一人息子のジャーコモさんが手紙を呉れたのですが、今回初めて電話連絡が出来、彼女の墓に案内して貰うことが出来ました。ヴェーネトのミラーノ(Mirano――有名なMilanoではありません)近くのキリニャーゴ(Chirignago)の教会裏の墓地で、御亭主と長男と一緒に眠っていました。ご冥福を祈りました。

肝臓を悪くし、足にチアノーゼ反応も出て歩行も困難になり、冬には日本のホカロンで足を暖めてくれるように何度か送りましたが、肝臓は益々悪化し、死に繋がったようです。

'77年、消防士をしていた彼女の夫と長男が消火の終わった船の船倉に点検に入ったところ、船が突如爆発して2人一緒に亡くし、以後次男を一人育ててきたのです。パーオラさんの事を思うと涙してしまいます。

お二人の墓参りの後、ヴェネツィアのサン・ミケーレ島にも墓参に行ってきました。以前にも触れたことがありますが、日本人の墓があると聞いていたからです。島の最南端の第2チェレーザのー角に緒方惟直の墓はありました。墓守の人の案内で辿り着けました。

『ヴェネツィアと日本』(石井元章著、ブリュッケ社、1999年10月23日刊)によりますと、1873年ヨーロッパで初めてヴェネツィアに日本語学校が出来、6人の先生が赴任し、第2代の教師として緒方洪庵の10子、緒方惟直が赴任し、当地で結婚し、エウジェーニアという娘も生まれたそうです。しかし25歳の若さ(1853~78)で亡くなってしまいます。墓を見ているとジーンとしてきます。
緒方惟直の墓 『ヴェネツィアと日本』この本によりますと、先生方とは吉田要作(1873~76)、緒方惟直(1876~78)、川村清雄(1878~81)、長沼守敬(1881~87)、伊藤平蔵(1887~88)、[中断: 1888~1908]、寺崎武男(1908~09)の6人で、日本語学校はその中断期を含め、1909年まで37年間存続したそうです。この学校が現在のヴェネツィア大学の日本語学科に繋がってきたのでしょう。墓碑銘の《緒方維直、1855~1878》との誤記は明治期の混乱を思わせます。

米欧回覧の使節団長の岩倉具視がヴェネツィアの東洋学者グリエルモ・ベルシェの案内で、フラーリの古文書館で天正遣欧使節や支倉常長(彼はヴェネツィアに実際には行かなかったようです)のもたらした挨拶状を発見したこと等、マルコ・ポーロの昔から、日本とこの町との不思議な因縁を感じます。

JI さん、《サン・ミケーレ島》へのコメント、有難うございました。

追記=2010.08.29日にパウンド(2)とサン・ミケーレ島でサン・ミケーレ島についてもう少し詳しく調べてみました。 
  1. 2008/11/29(土) 01:06:50|
  2. ヴェネツィアの墓
  3. | コメント:4
<<サン・マルティーノの祝日 | ホーム | ヴェネツィアの聖マルコ伝説(3)>>

コメント

こんにちは! 私も、緒方惟直のお墓の事は、読んで、いつか行きたいものと思っておりました。
出来ましたら、詳しい場所を教えてくださいませ。
サン・ミケーレのコメント欄で、彼のこちらの生活状態も知り、感慨無量です。
と、キリニャーゴの地名にも驚いています。 夫の妹、弟もキリニャーゴ在で、何度も行っていますので。

先日、お邪魔してあちこち拝見して、pane e tulipaneの記事も読み、楽しかったです。 あのDVDも持っていますが、あれに良く似た事件、(奥さんを置き忘れ)の新聞記事も、レッスンで読んだ事があります。 また、お送りしましょう。
  1. 2008/12/04(木) 04:23:08 |
  2. URL |
  3. shinkai #kUWLOiSk
  4. [ 編集 ]

コメント、有難うございました。
今回のヴェネツィア行は3日のみでした。二日目キリニャーゴに行った時は、嵐でした。
その帰り、強風の中で渡ったカラトラーヴァの「憲法橋」は、ガラスの部分が雨で滑りそうで
すし、折畳み傘はラッパ型に吹き飛ばされて、印象の悪い初渡橋になりました。
3日目はようやく快晴で、サン・ミケーレ島に行ってきました。偶然に分かっている人が
いて、案内して頂き助かりました。不勉強でまだブログに図像の取込み方を知りません。
別便の添付ファイルで地図をお送りします。
亡くなったパーオラさん夫妻もキリニャーゴ生まれだと言っていました。

  1. 2008/12/04(木) 09:10:01 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #j9tLw1Y2
  4. [ 編集 ]

日本から遠く離れた異国の町の人たちとの、あたたかい交友を長いあいだ大事にして生きておられるペッシェクルードさんには、心から頭が下がりました。ともすると自分の事しか考えていない私は、知らないところで人を傷つけて来たのではないか、あるいは人を失ってしまったのではないかと、いまさら恥ずかしい思いでいっぱいです。
ありがとうございました。
  1. 2009/03/23(月) 16:12:53 |
  2. URL |
  3. September30 #-
  4. [ 編集 ]

september30さん、お礼を言われるようなことではありません。
ただマルコ・ポーロ以来日本との関係のあるヴェネツィアに興味を持ち、
日本との接点を探しました。個人旅行だけに出会いを大切にしたいとの
思いもありました。語学学校に通ったのも楽しい体験でした。
  1. 2009/03/24(火) 14:02:36 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア