FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの現在: アッカデーミア橋修復

昨日のLa Nuova紙は、次のような事を伝えています。
アッカデーミア橋修復「 アッカデーミア橋、修復始まる。中央部は通行止め
――人の通行は脇の跨線橋となる――

市の時間予定計画に従い、アッカデーミア橋の修復作業が進行中である。公共事業評議会事務局は、橋下のアーチと足場の組み上げ後、木製の上張りを取り外し、橋内部の金属構造の浄化を始める事を周知させる。

明、2018年2月20日火曜日9時から、橋中央部の通行は禁じられ、脇の跨線橋の通行へと移行する。このやり方で、舗装面や階段、欄干の除去という、橋上部の工事が続行可能となる。 」

ヴェネツィア大運河に架かる4つの橋(リアルト橋1591年、2011.08.13記。スカルツィ橋1934年、2011.08.20記。アッカデーミア橋。憲法橋[カラトラーヴァとも]2008年、2014.09.23記)のうち、アッカデーミア橋は唯一木製だった(1986年金属支柱を導入し、補強しました)のです。木製の理由について、2010.04.17日のアッカデーミア橋で触れています。
  1. 2018/02/20(火) 12:25:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの現在: リベルタ橋事故 | ホーム | ヴェネツィアはカーニヴァル中>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア