FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

書籍『ヴェネツィアの高級娼婦』(3) 

(続き)
「フォンターナの論拠は、かなり議論に値するもので、事実書かれた時代としても、彼の最新の論文の中に纏められている。
《「歴史家は真実を述べなければならない。真実が述べるに値し、必要な時は、記憶に留めなければならない。しかしこれはその場合ではない。意地悪い才能がないなら、真実を明らかにする適切な性癖がないなら、健康な大衆の不賛成に出くわすので、per piacere a quattro(周りの人の喜びのために?)姿を現すことはない。

天賦の才を持つ人、彼女は書いている[ここでフォンターナはタッスィーニを向いているのだが]、酷い身形かも知れない、そしてヴェローニカは才能豊かな娼婦であった。しかし問題はそんな身形であったということではなく、一人の作家がある日大衆にその事を告げるのに非常にあけらかんと大まかにしか語らなかったということなのである。あなた方の評価の前にこの女をあなた方の侮蔑と共に紹介します。ご存知と思いますが、彼女は有名な作家であり、かつまた著名な娼婦でもあります……》
ヴェローニカ・フランコの肖像[コッレール美術館のヴェローニカ・フランコの肖像]  フランコの職業の事実を否定は出来ないので、だから彼女の擁護者はそれを明らかにする間の悪さを感じて、結論として愛国主義の中に逃げ込んで、次のように言う。《……我々はヴェネツィアを守るために、フランコを守る。なぜならヴェローニカの不名誉は、ヴェネツィアの不名誉となるからである》。

タッスィーニに関しては、彼は自分の所有する資料に確信があり、第2版の中で本の題名を変更することで満足し、《娼婦 meretrice》という言葉を、実際そんなに醜くはない、《高級娼婦 cortigiana》という適切な用語に変えた。

何年かして、我々により近い年代で別の擁護者が“カタログ”のヴェローニカ・フランカは、『第三詩集』と『家族書簡』のヴェローニカ・フランコでは有り得ないと正に主張しようとした。何故なら“カタログ”の姓名は“a”で終わっていて“o”ではないからである。1500年代には、“a”の語尾が王族の妃を含めて、女性の姓に属するものとする使用法が通常であったことを知らないということはさて置いて、『第三詩集』の大扉でも『家族書簡』の大扉でも、要するに著者は常にフランコではなく、ヴェローニカ・フランカと呼ばれているのである。

フランコやトゥッリア・ダラゴーナのようなコルティジャーナの階級にある者が、“カタログ”の中に、自分の名前を入れる場所を見付けられなかったかも知れないなどという、同じ擁護者の主張は無意味である。 ……」 (4に続く)

[ヴェローニカ・フランコについては今まで、2007.11.03日のVeronica Francoや2010.09.18日のヴェローニカ・フランコ(1)~2010.10.19日のヴェローニカ・フランコ(4)等で、また違った面から触れています。]
  1. 2018/05/25(金) 01:00:15|
  2. ヴェネツィアに関する書籍
  3. | コメント:0
<<学校対抗レガッタ | ホーム | 書籍『ヴェネツィアの高級娼婦』(2) >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア