FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

書籍『ヴェネツィアの高級娼婦』(4) 

(続き)
「“カタログ”の中で低額の娼婦の傍で(210人中79人の娼婦は1スクードで満足している。《セルヴィのエーレナ・ロッサ》は正に0.5スクードであり、そんな人が4人いる。《アゼーオ橋のキアレッタ・パドヴァーナ》《サント・アポナールのラウレッタ・カヴァルカドーラ》《カステッロのルグレーティア・モルテジーナ》《ピストールの真ん中のマリーン通りのマリエータ・ヴェレーラ》で、彼女達に客は欲しがるものを与えることが出来る)、当時のお金を稼げる可能性に関して、全く些細な幸運を求める少女達に客達は出会うのである。

20スクード稼ぐ《サン・トーマ[San Thoma―当時はS.Tomàではなく、サント・ステーファノもSan Stefanoと言われたりしました]のチェチーリア・カラッファ》から、25スクードのリーヴィア・アッザリーナや、実に30スクード要求する《サンタ・ルチーアのパウリーナ・フィーラ・カネーヴォ》までいる。

トゥッリア・ダラゴーナに関しては、1535年に刊行された“娼婦料金表”は“カタログ”印刷時に指導的役割を果たし、出版意向と類似の実用性を込めて編集されたということではないけれども、7スクードの額を彼女に割り当てている。譬えジョヴァン・バッティスタ・ジラルディ・チンツィオが言うように、彼女が一晩過ごした独人から100スクードも稼いだことがあったにしてもである。彼女の立場に立てば、空想ではあるが、アントンフランチェスコ・ドーニは贅を尽くした、素晴らしい館に共に宿泊したかった美女の一人の好意を得たいがため、最高額として25スクードを提示した。

ヴェローニカについての浩瀚で資料豊富な研究書の著者アルトゥーロ・グラフは、彼女の職業が明白であるにも拘らず、“カタログ”においては、その能力があるのに彼女の要求する額が余りに低いので、“手引書”の著者の中に誹謗するような意味を感じ取っている。

問題となることは殆ど重要でないが、“カタログ”が1566年と思われるように(確かにそれは1570年以前であるが)本当に出版されていたならば、我らが高級娼婦詩人はその若い年齢からしてまだ駆け出しであったに違いない(彼女は多分1546年に生まれた)。しかしそれは彼女の人生で、より以前に記録された職業的、文学的成功からは程遠いものであった。

18世紀初頭、愚かしさが頂点に到達する。G. カノーニチ・ファッキーニの「15世紀から現代までの文学における、有名イタリア女性の伝記的側面」は、《この美しい、能弁で輝く女性は……若い年頃で書くという喜びと文化の、正に愛の隠れ家を作り上げていた。若い身空で未亡人となり、引き篭もり、文学に専念する……》。

もっと用心深く言えば、前世紀のヴェネツィアの博識なるネストルである、エマヌエール・チコーニャは、この職業の際どい話は避けるようにしていた。そして断言した。《ヴェローニカは独特の美しさを持った女性だった。だから沢山の恋人達がおり、彼らにかなり喜んで身を捧げた》。
[ネストル(Nestore)はトロイ戦争におけるギリシア軍の最も賢明な長老。]

ヴェローニカを、彼女自身とは違った人間であるとする、洗練さに欠ける試みの前では、改心後は品行方正に生活すると称賛するといった風に彼女に関わってきた、1700年代の唯一の評論家、ジョヴァンニ・デッリ・アゴスティーニ師の試みは殆ど悲愴的とも言える。

もう一人のセッテチェントの碩学フラミーニオ・コルネールによって、受容された伝承を基にすれば、彼女は聖ゲオルギウス(S. Giorgio)への祈願として、悔いた娼婦を収容する《救護の慈善院》を創立したかったのである。それは[彼女以外の人物により]最初トレンティーニに設置され、その後サン・トロヴァーゾ教区に、それもサンタ・マリーア・カルミネ教会からほど遠からぬ所に設置された。

このため直ぐに次のように言われた。1570年11月1日に書かれた彼女の第2の遺言状の中でヴェローニカは、相続人が自分より前に死んだ場合は、自分の財産は次の人に贈られる。即ち《善良な若い娘に贈る。しかしこの仕事を捨てたいと思う娼婦が二人見つかったなら、それに値する、或いは修道女になるなら、その場合はその二人の娼婦を受け入れ、若い娘は止める》。

そして1580年に、総督とセレニッスィマ政庁に見せるための《秘密のaricordo(形見)》を書いていた。その中で、救護院あるいは収容所の設立を提案していた。そこでは生活を変えたいと望んでいる娼婦をその子供共に受け入れることが出来るのである。しかし《秘密のaricordo(遺言)》にも書かれていることであるが、その中でフランコは、自分の相続人のための年500ドゥカートの年金と引き換えに彼女自身が提案した企画の実現を申し出ており、彼女の進言のお蔭で掻き集めることの出来る金額を引き出せるのである。その《秘密の遺言》は救護院の古文書館に存在し、チコーニャに出版された文書の余白のメモから判るように、公にされなかった。

そして正にこの考えから、その後そうした機関が奏効的に設立される芽が吹き出す可能性があっても、想像であるが、ヴェローニカはその組織とその発展に積極的に参加するということはなく、そこから身を引いていたのである。……」 (引用終り)
  1. 2018/06/01(金) 00:05:41|
  2. 文学
  3. | コメント:0
<<『ヴェネツィア幻視行』 | ホーム | 学校対抗レガッタ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア