FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

英人画家、ジェフリー・ハンフリーズ

8月2日のブログで触れましたフーゴ・プラットの友人でもあったジェフリー・ハンフリーズ(Geoffrey Humphries)は、英国アマーシャムで、1945年生れた画家だそうです。その履歴がウィキペディアにありましたので、訳してみます。

「ハンフリーズは、ハイ・ウィコム美術学校、ロンドン美術カレッジ、チェルシー美術デザイン・カレッジに通った。1963年初めてイタリアを訪れ、ヴェネツィアのアッカデーミア美術学校で学位を取り、1974年には最優秀との栄誉を受けている。
ハンフリーズ[絵はサイトから借用]  その後ローマとフィレンツェでも学んだのだが、1966年にはヴェネツィアに定住して描いている。ジュデッカ運河を見下ろすアトリエで仕事をしたが、この地域は音楽家や芸術家にとってよく知られた“センター”である。そこで彼は自分の描く道、生活の流れを突き進んでいる。

彼はまた、ブルースのギタリストであり、合衆国南部、ニュー・オリンズ、チャールストン、サヴァンナで描き、そこでその展覧会を毎年のように行っている。」

[Geoffrey Humphries で検索し、画像を選ぶと、彼のその他の絵画の様子が判ります。]
  1. 2018/08/16(木) 00:22:23|
  2. | コメント:0
<<ヴェネツィアの現在: リアルトの魚市場 | ホーム | ペルセウス座流星群>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア