FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの現在: アッカデーミア橋修復完成

2018.02.20日のブログでアッカデーミア橋の修復工事の開始を書きましたが、半年近くで工事は完了し、この程市長のテープ・カットで普通に渡橋が可能となったそうです。La nuova紙でどうぞ。
アッカデーミア橋完成「 アッカデーミア橋、御目出度う。Luxotticaの修復のお蔭
――8月29日(水曜日)朝、総大司教モラッリャの代理オルランド・バルバロは、完成を祝福した。市長とLuxotticaはテープ・カットをした。そして人々は最早足場等なくなったアッカデーミア橋を渡った――
旧、鉄製アッカデーミア橋[ヴェネツィアを占領していたオーストリア軍が造った初代の鉄橋]  (関係者のセレモニー記事は略)
1933年に完成したアッカデーミア橋は、緊急に修復を要した事態だったのであり、唐松材を使用して完成した。この機会に市長は、この企業が自社の名前を全然表明しようとしない謙虚さに言及した、《大いなる高潔さと謙虚さを示している》と。

ブルニャーロ市長は更に付け加えて、修復作業とは、ヴェネツィアが独り誕生したのではなく、内部に大都市としてのシステムを内蔵していたことの証である、と。 ……」
[アッカデーミア橋の歴史については、2010.04.17日のアッカデーミア橋で触れています。]

ヴェネツィアの甃(他のイタリアの街の甃同様)を歩いていると、人は大抵その硬さに足の裏が疲れるものです。この木製の橋を踏んだ時、そのタッチの柔らかさにほっとするものです。資金不足で石の橋に出来なかったのですが、それ故か実際この橋を渡った人々の感想は、木製の方が良かったというものだったそうです。
  1. 2018/09/03(月) 01:02:02|
  2. ニュース
  3. | コメント:0
<<サン・マルコ広場の舗装 | ホーム | サン・マルコ広場で絵を描く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア