FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの国家異端審問官の用心深さ

前回の話の中に登場したヴェネツィアの国家異端審問官について、G. ニッサーティは『ヴェネツィア奇聞』の別の場所でその逸話を紹介しています。
『ヴェネツィア奇聞』「この問題について、ある仏人作家が一つの挿話を判り易く書いているが、それは真実であったかどうか?だが、その時代の事を能く捉えており、有名な審判がどのような考え方で下されたか、を示している。

この町に観光でやって来たある仏人貴族が、相当額のお金を入れた緑色のカバンを盗まれた。この事を訴えたが、その時は何も発見出来なかった。そのため、最初はヴェネツィア政府のだらしなさに公然と文句を言っていた。しかし出立する事にした。

メーストレまで行った時、彼のゴンドラが他のゴンドラに行く手を阻まれた。そのゴンドラにはある要人が乗船しており、彼は、数日前相当額のお金の入った緑色のカバンを盗まれたのはあなた様でしょうかと、尋ねてきた。然り、と肯定の返答を聞くや、足で布を押しやると、手にカバンを握った死体が現れた。その様子から、直ぐ外国人と知れた。
Grewembrock死体に目をやって要人は言った。《ご覧のように、正義が成就致しました。あなた様はお金を受け取られ、出発なされて下さい。また我らが国へ足を運ばれますよう、ご再考下さい》と。 」

またイタリアの《3人の国家異端審問官Tre inquisitori di Stato》というサイトは次のような話を掲げています。
「《Inquisitori di Stato》《Inquisitori contro la propagazione del segreto》《Supremo Tribunale》等と称される機関は、十人委員会を補佐する役を持つ共和国の司法機関で、国家機密の漏洩を見張る役職だった。

最初は十人委員会によって、特別にそして時々であったが、繰り返し設けられた機関であった。1539年9月20日以来、この機関は共和国の常設の司法機関となった。審問官は3人で十人委員会と同等の権力を与えられ、十人委員会が命名したものである。

次のような特徴を持つ、即ち、赤服を着る審問官はセレニッスィマ政庁の代表として6人の総督相談役の中から選出され、2人の黒服を着る審問官はDecenviri(10人の十人委員会)の中から選出された。投票が一致すれば自動的に確定裁定となり、極秘だったものがオープンになった時、公然と大評議会に知られることになった。
密告口[Boeche de Leon、サイトから借用]  秘密裡の判決の実施は、伝統に従えば、オルファノ運河と呼ばれる運河の傍のラグーナの水の中で、夜間溺死させられることを予想するようなものである。訴訟手続きの開始は十人委員会や他の多くの司法府のように、Boche de Leonと呼ばれる特別の箱に投げ込まれる密告の蒐集から始まるのが、屢々であった。 」
  1. 2018/11/08(木) 00:04:26|
  2. ヴェネツィアの歴史
  3. | コメント:0
<<ロベルト・トゥラモンティーン、ゴンドラ製造家、逝去 | ホーム | ヴェネツィアの修道女: Maria Da Riva(マリーア・ダ・リーヴァ)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア