FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアのロット(Lotto)籤

ヴェネツィア人は賭博が好きだったようで、それについての記述は結構あるようです。2014.02.19日のバウアー・グリュンバルトや2016.11.10日のヴェネツィアの街案内等で触れています。また、Lotto(現在でも多くの都市で行われている富籤のようなもの)という賭け事が行われていたそうです。リアルト橋の建設の時には資金が足りなくて、このロット籤で資金を調達したという話を読んだことがあります。前にも紹介した『ヴェネツィア奇聞(Aneddoti storici veneziani)』(G. ニッサーティ著、Filippi Editore Venezia、初版1897)から紹介してみます。
[小学館の伊和中辞典によれば、Lotto籤とは1から90までの数字の中から2つの数字(ambo)、3つの数字(terno)、4つの数字(quaterna)、5つの数字(cinquina)の組み合わせを当てる賭け事、と。Bari、Cagliari、Firenze、Genova、Milano、Napoli、Palermo、Roma、Torino、Veneziaの10都市でruota(回転式抽選機)を使って抽選する、ものだそうです。]
『ヴェネツィア奇聞』「最初は政庁の許可を得て、次いで誰か著名な人物の監督の下、個人的に行われた。数字の抽出が行われた場所は、大抵の場合、サンティ・ジョヴァンニ・エ・パーオロ(愛称サン・ザニポーロ)修道院で、そこの僧達の嫌々ながらの協力の元だった。サヌード(Sanuto)の証言によれば、ロット籤は罪であると説教壇から説教を垂れていたという。

1521年まで、ヴェネツィア市民のBambararaと呼ばれたジローラモ・フランコが主宰する、tappetoやspalliera、金のrestagnoの富籤が行われた。更に1523年までは、10ドゥカートの受け渡し証を持つ席料で、ジョヴァンニ・マネンティが采配した。

時々富籤所は政府の管掌となったが、それは政府の資金が戦争で激減した時だった。1525年6月10日の通達がその事を証明している。上記のジョヴァンニ・マネンティが引き受けて、サン・サムエーレ教区のカ・デル・ドゥーカ館で富籤を行ったのである。その政庁所有の館は現在では崩れ落ちてしまった。
サン・マルコとサン・ザニポーロ[ 写真はサイトから借用。左、サン・マルコ大同信会館(現在は市民病院)、右、サン・ザニポーロ教会。右端にアンドレーア・デル・ヴェッロッキオ作の『バルトロメーオ・コッレオーニ騎馬像』が見える]  7月29日サンティ・ジョヴァンニ・エ・パーオロ教会隣のサン・マルコ大同信会館で籤引きが行われ、アゴスティーノ・ドルチェの息子アルヴィーゼが、4540の領収書のある籤を獲得した。

ピエートゥロ・アレティーノは彼の相棒であったこのジョヴァンニ・マネンティ宛に楽しい手紙を書いている。その文中、自分の頭上に降り掛かってくるあらゆる不運について仄めかしている。富籤をやると自分の将来が失望に満たされるのだ、と。この手紙は籤引きというものが、高い、飾られた演壇で行われ、その数字は現代でも殆ど同じように子供の手で引き出されるということを能く判らせてくれる。

後の世、1720年には、1traro(トゥラーロ)の富籤の領収書を見る。それは教会の再建のためであって、サンティ・スィメオーネ・エ・ジューダ・アポーストリ教区のマメーラと通称されたG. バッティスタ・モリーンが年に14回も僥倖を見たのだった。

14年ほど後には、ヴェネツィアに公共富籤が導入された。そして最初の籤引きは1734年4月5日に行われた。籤が入札で請負契約になり、関連事務所がボルゴローコ橋傍のサンタ・マリーア・フォルモーザに移り、一般にPonte dell'Impresaと呼ばれた。50人の職員がCaseletti とComputisti に分けられたが、それはチコーニャの手書きの表から判ることで、その事務所にはそれ用の祭壇のある部屋があって、聖処女マリアの像が掲げられ、崇拝されていた。

最初から年に9回籤引きが行われ、1758年には10回に増えた。続いて更に回数が増えて、儲けを町の街灯設置費用に振り当てた。

何か特別の富籤が行われたという記録がある。それは1796年12月30日に発表され、1797年1月14日に承認されたのだが、廃止されたサンタ・マリーア・デッラ・カリタの教会司祭館の財産を共和国の必要のためになされたロット籤だった。 」
  1. 2018/11/29(木) 05:12:59|
  2. ヴェネツィアの民俗
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアのカーニヴァル(1) | ホーム | 11月21日: サルーテの祝祭>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア