FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアのニュース

先日のヴェネツィアの新聞《Il Gazzettino》や《La Nuova》紙に次のような記事がありました。
カッフェ・ドーリア「 70年続いた歴史的バールが閉店。中国人がレストランに改装
ファッブリ通りに開店していたもの。ヴェネツィア人はここで美味のコーヒーやアペリティフを味わった。温かい態度でサービスされ、リアルトとサン・マルコの間に住む住民や職業人等、沢山の人々がここで出会った。

今日が、カッフェ・ドーリアが開店してから最後の日となる。ファッブリ通りとサン・ルーカ通りが交差する角に位置し、店の経営者アンドレーア・カヴァッリーンとリッカルド・フェッロは最も店に通ってくれた顧客達に対して、お別れの会を提供することにした。彼らはガッゼッティーノ紙を片手にブリオーシュでコーヒーを飲み、その日半ばには軽食・おやつ、夕方にはアペリティフ(各種スプリッツ)というバールの定番をここに見出していたのである。 ……」(Il Gazzettinoより)

「 サン・マルコ広場でカ・フォースカリ大学卒業生1148人の卒業式。一大スペクタクル
サン・マルコ広場での伝統的な卒業式がまたやって来た。カ・フォースカリの、優に1148人の卒業生が、友人や両親等と共に広場――学長ミケーレ・ブリェーズィ教授の前に――参集した。大式典である。

よくあることだが、新卒生の古典的丸帽(tocco)の放擲である、帽子の投げ上げの瞬間は、不思議な感である。今や大学の恒例となった式典の特別賓客はエンリーコ・メンターナだった。《我が国は非常に古い国家である。イタリアは強力な世代交代を必要としている。我々は諸君を熱狂的に支持している。》と著名なジャーナリストは訴えた。 ……」(Il Gazzettinoより)

またサンタ・マリーア・デッラ・サルーテ(マドンナ・デッラ・サルーテとも)教会のお祭り(11月21日)を前に、サン・マルコ側からドルソドゥーロ側への渡河の橋、Ponte votivo(奉納橋)が完成し、総大司教の祝福を得て、自由に渡橋出来るようになったと《La Nuova》紙にあります。この仮橋はレデントーレ教会祭日のために架かる交通止めとなる仮橋と異なり、ヴァポレットが下を潜れるようにアーチの橋に設置されます。
  1. 2018/11/18(日) 18:43:31|
  2. ニュース
  3. | コメント:0
<<11月21日: サルーテの祝祭 | ホーム | ヴェネツィアの夜間の監視隊>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア