FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ガースパロ・ゴッズィ

この際、カルロの兄ガースパロ・ゴッズィについても見ていきましょう。彼については、M. ブルゼガーン著『ヴェネツィア人物事典(I personaggi che hanno fatto grande Venezia)』(Newton Compton editori、2006)に彼の事が纏めてありますので、それを紹介してみます。
『ヴェネツィア人物事典』「 ガースパロ・ゴッズィ(1713.12.04ヴェネツィア~1786.12.26.パードヴァ) 作家
貴族の一家の11人の子供の長子で、弟カルロ同様、一家の経済問題で大いに悩まされた。最初の妻、女流詩人ルイーザ・ベルガッリと共に出版業で、困難で不運続きの道を進まざるを得ず、注文を受け、古代ローマの喜劇作家プラウトゥス(Plauto)、古代ギリシアの『ダフネスとクローエ』の作家ロンゴス(Longo Sofista)、古代シリアのサモサタ出身のギリシア語で執筆した風刺作家ルキアノス(Luciano di Samosata)、仏国喜劇作家モリエール(Molière)、独国作家クロップシュトック(Friedrich Gottlieb Klopstock)等を翻訳して、糊口を凌いだ。

弟カルロの新しい、文化的なものに対する熱情よりは、より開明的で、カルロ・ゴルドーニや、作家や諷刺詩人に対して高い評価を示した。彼の文学的デビューは、1752年選集《Lettere serie, facete, capricciose, strane e quasi bestiali》の上梓だった。

引き続き《La Gazzetta Veneta》(1760~61)、《Il Mondo Morale》(1760)、《L'Osservatore Veneto》(1761~62)と題する新聞を一人編纂・発行し、簡潔・軽快・諷刺的、しかし正確な語法を編み出し、当時のヴェーネトを活写・報道した。

二つの作品『Sermoni』(1745~81)と『Favole espiane』は著名で、モラリスト的着想による、11音節による選集である。更に『Giudizio degli antichi poeti sopra la moderna censura di Dante attribuita a Virgilio』(1758)は、僧サヴェーリオ・ベッティネッリとの論争によるダンテ擁護で、古典主義的修辞学に基づいている。

弟カルロとは、擬古典的なグラネッレスキ・アカデミーの会員仲間であった。

最初の妻ルイーザ・ベルガッリとの間に5人の子供を生した。1779年鰥夫となり、貴族トローン家の家庭教師だったフランス人のサラ・セネと結婚した。トローン家は、その2年前の1777年、彼が自殺未遂を起こし、その後長い間、彼の面倒を見ていたのだった。
ガースパロ・ゴッズィ[像はサイトから借用]  1786年パードヴァで亡くなった。 」
  1. 2019/03/24(日) 03:43:48|
  2. | コメント:0
<<ベルナルディーノ・ゼンドリーニ(Bernardino Zendrini) | ホーム | カルロ・ゴッズィ(4)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア