イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

マリーア祭(2)

(続き)
「昼に夜にヴェネツィア人は追跡のために猛り狂ったように海を駆け抜けた。遂に夜明けにはカーオルレの沖で追い付いた。海賊どもには最早逃げ道はなかった。

敵船舷側に横付け(All'arrembaggio)などという程度の攻撃ではなかった。敵船に躍り込み、肉弾戦での突撃による全殺戮だった。ヴェネツィア人の皆殺しは執拗で、悪党どもの一人として死を免れた者はいなかった。

こうして、身に敵の辱めを受けるよりも自殺を決意していた花嫁達への復讐は成り、その累々たる屍骸の、気味は悪いがそれに値する埋葬を残すだけとなった。各々の足に石を括り付け、魚の餌とすべく海に沈めた。

その日から海は鏡のように凪ぎ、この戦いの舞台はその時からそして現在に至るも、Porto delle Donzelle(乙女の港)と呼ばれている。

2月2日の聖母マリア様のお清めの祝日に、小さな船団が帰還してきた。あの日、花嫁が掠奪された恐ろしい日以来、町には不穏な空気が漂っていた。しかし今や花嫁を取り戻すという記念すべき快挙を断行した英雄達のために、お祝いをしなければならない。

こうして喜びの知らせが小路から小路へと伝わっていき、市民挙って総督宮殿前に集まった。総督が最高に勇敢だった者に褒美を取らせると伝えたのだが、それを選ぶのは市民自身になるだろう。

攻撃の中心になったのは箪笥や宝石箱など高級な家具を作る家具職人(casseler――伊語cassettaio)達だった。総督の前で、今やこの勇気ある職人達はお互い肩を抱き合い、見つめ合っていた。何を望んでいるのだろうか。

「晴朗極まりなき閣下、我々はなすべき事をなしたまでのことでございます。我々は皆、サン・マルコの息子であります(Semo tuti fioi de San Marco.)。しかし閣下がこの日を記念として、我等が教会サンタ・マリーア・フォルモーザへご来駕頂けるという、類いまれなる名誉を賜ることが出来ますれば、生涯に渡り閣下に感謝の意を捧げる者であります。」

こうした気高い至情に満足して、総督カンディアーノは目で同意の意を示し、冗談を言い始めた。
「しかし……その日雨でも降っていれば……?」
「恐怖はありませんでした。晴朗極まる日でございました。閣下に黄金色の麦藁帽をお送り致します。」
「しかし、飢えと渇きを覚えたら?」
「その時は、オレンジとマルヴァジア酒[マルヴァジーア産白ワイン]をお送り致します。」
こんな風に事が決まり、実際その通りとなった。

毎年2月2日、総督はサンタ・マリーア・フォルモーザ教会を訪れ、世界でも最強のこの共和国の最高権威でさえなさねばならないシンボルとしての、喜捨の金貨を教会に入る前に黄金の水盤に入れたのであった。

テ・デウム(至聖なる三位一体の賛歌)の後、司祭館で家具職人達の敬意に満ちた挨拶を受けた。即ちカンディアーノ家と教皇の紋章入りの帽子各1点、籠一杯の蜜柑、大きな南瓜のようなフィアスコ瓶2本のワインである。

こうして無事に帰宅した12人の乙女のために、同夜直ぐに、以後《マリーア祭(La festa delle Marie)》と呼ばれることになる祭が行われた。翌年も次の年も、次第に華やかになりながら繰り返された。そのため時代が下ると、聖母マリアのお清めの祝日の丸1週間、連続して続くことになった。」  (3へ続く)
  1. 2009/01/31(土) 00:03:09|
  2. ヴェネツィアの伝説
  3. | コメント:0
<<マリーア祭(3) | ホーム | マリーア祭(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア