FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ジョルジョーネ(2)

ヴェネツィア語では、Giorgioが Zorzo、Giorgioneが Zorzon(ゾルゾーン)なのだそうです。彼の短かった一生をM. ブルゼガーン著『ヴェネツィア人物事典』(Newton Compton Editori)から紹介してみます。
『ヴェネツィア人物事典』Giorgione[自画像、サイトから借用] 「 ジョルジョーネ、画家(1477/78?カステルフランコ・ヴェーネト~1510.09.17ヴェネツィア)
ジョルジョ・ダ・カステルフランコはジョルジョーネと通称され、多分1477年(78年とも)?にヴェーネト州のカステルフランコに生を享けた。伝記的情報が乏しく、彼の人生を確信をもって再構成するのは難しく、正確なところは知る由もない。例えばヴェネツィアでジョヴァンニ・ベッリーニの弟子であったことはジョルジョ・ヴァザーリの証言によるものであった。

彼の絵画はアントネッロ・ダ・メッスィーナ、デューラー、レオナルドのような大画家の影響にまで遡るのだが、ヴェネツィア滞在中、色々な画家の絵画語法を取り入れた。潟の町で2つの重要な作品を描いた。一つの大作は今日では失われてしまったが、それは1507年か1508年と推測される総督宮殿の謁見の間に描かれたものであり、もう一つはドイツ人商館のファサードに描かれたフレスコ画群で、1508年に完成したが、今日アッカデーミア美術館に保存されている裸婦の断片一点が残るのみである。

彼に帰属する若き日の作品には、ワシントン国立美術館の“Adorazione dei pastori(牧人の礼拝)”や“Adorazione dei Magi(東方三博士の礼拝)”、“Madonna col Bambino(聖母子)”、“Giuditta(ユディト)”、“Laura(ラーウラ)”、“Prova del fuoco(モーゼの火の試練)”がある。

確証のある、彼に帰属する他の作品には、ヴェネツィア貴族マルカントーニオ・ミキエールの年記1525年と1543年の記述が記された作品、ヴェネツィアのアッカデーミア美術館の“La Tempesta(嵐)”とウィーンの美術史博物館の“I tre filosofi(三哲人)”、ドレースデン美術館の“Venere(眠れるウェヌス)”がある。

それらに比肩する作品に、恐らく1504年のカステルフランコ・ヴェーネトのサン・リベラーレ教会(ドゥオーモ)の“Pala di Castelfranco(玉座の聖母子と聖リベラーレと聖フランチェスコ)”やカリフォルニアのサン・ディエゴ博物館の“Ritratto virile(男の肖像)”がある。

ティツィアーノやセバスティアーノ・デル・ピオンボのような画家達に与えた彼の影響は、著しいものがある。ジョルジョーネは1510年の秋ヴェネツィアでペストのために亡くなった。

ヴェネツィアにある他の作品には、上記以外ではアッカデーミア美術館に“I santi Marco, Giorgio e Nicolò salvano Venezia dalla burrasca(時化からヴェネツィアを救う聖マルコと聖ゲオルギオス、聖ニコラオス)”、“Nudo di giovane donna(裸婦)”(1508年フレスコ画)、“Ritratto di vecchia(老婆)”、“Sacra conversazione(聖会話)”があり、サン・ロッコ大同信会館に“Cristo che porta la croce e manigoldo(十字架を担うキリスト)”、教皇庁神学校(Seminario patriarcale)に“Apollo e Dafne(アポローンとダプネー)”がある。 」

彼の絵は次の画像のサイト、Giorgioneで見ることが出来ます。
  1. 2019/05/31(金) 02:44:22|
  2. | コメント:0
<<ジョルジョーネ(3) | ホーム | ジョルジョーネ(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア