FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの賭博

かつてヴェネツィアで街歩きをしている時、サン・ポーロ区の流れから外れた静かな通りで、5、6人の男達が何かを取り囲むように立っていました。怖いもの見たさにちらちら見ると輪の中心に一人の男がカードを地面に張って、その度にドスの利いた声が周りから掛かります。賭博のようでした。見てはならないものを見ない振りしてゆっくり通り過ぎました。どういう展開になるか気になるところでした。

ヴェネツィアのハリーズ・バールがあるヴァッラレッソ通り(Cl. del Vallaresso)の左側にヴァッラレッソ・エーリッツォ館があり、E.&W. エレオドーリ著『大運河』(1993)は次のような事を記述しています。
ホテル・モナコ他「装飾もない簡素な建物。現在はホテル・モーナコである。リドット・グランデの庭があった跡地に19世紀に建てられた建物。かつてRidotto Grande があって、1638~1774年間続いた公共の賭博場であった。」

アルベルト・トーゾ・フェーイ(Alberto Toso Fei)は『大運河の秘密(I Segreti del Canal Grande)』(Studio LT2、2010)の中でヴェネツィア人の賭博について紹介しています。
「古くは、賭博が許容されていたのは、サン・マルコ小広場の2本の円柱の間でだけであった。いずれにしても何世紀もの間に色々の禁令が発せられた。
[リアルトの木造の橋の建造者、Nicolò Barattieroは、オリエントから到来したサン・マルコ小広場の2本の円柱を今見るように立柱したことで知られていますが、そのご褒美にその2本の柱の間で、禁じられていた賭博をしてもよしというお墨付きを政庁から貰いました。総督セバスティアーノ・ズィアーニ(在位、1172~78)時代の事です。賭け事が好きだったようです。]

1254年: サン・マルコ寺院入口柱廊やファサード下のアーケイドでの賭博禁止。その後には、総督宮殿中庭や大評議会会議場周辺での賭博禁止。
1266年: 総督宮殿内では、総督の側近ら全員の賭博禁止。
1292年: 唯一許された遊びはチェスと二人でする西洋双六(バックギャモン)。全ての非合法の行為には25リラという罰金が科せられた。
1506~39年: 十人委員会は、excepto schachi, arco, balestra et ballo(チェス、弓、弩弓、舞踊以外)全ての遊戯を禁止した。
1600年代初頭: 政府は賭け事の蔓延を黙過出来ず、カーニヴァル中に限り[10月末からMartedì grasso(カーニヴァル最終日)まで]許可することになった。
1638年: 貴族マルコ・ダンドロがヴァラレッソ通り(Cl. del Valaresso)に公共の賭場 Ridotto Grande(リドット・グランデ)を開くことの認可を得た。《Ridotto(休憩場)》という言葉はこの種の建物の内部のしっくい装飾と共にあり、何年か前まで劇場で使用されていた。
グアルディ『リドット』. 『ヴェネツィアのリドット』賭場の胴元[『ヴェネツィアのリドット』(左、フランチェスコ・グァルディ、中・右、ピエートロ・ロンギ)。ウィキペディアから借用]   ここ Ridotto Grande にはジャーコモ・カザノーヴァが身内同然に出入りしていた。デンマーク王フレデリク(Federico)4世は、1708年当地滞在中――他の賭博者同様にマスクを被って――ある貴族から莫大な額の賭金を勝ったと言われている。正に大物然とした態度ながら、しかし立ち上がろうとした時、無様な振りをして、王は記録紙や賭け金などの載ったテーブルを引っ繰り返してしまった。そんな事をすれば全ては banco(胴元・親)の手に帰すことになる。」
  ――アルベルト・トーゾ・フェーイ著『大運河の秘密』より
カズィノ[読売新聞の囲み記事。2019.07.30]  この記事ですとヴェネツィアに公式“カジノ”が登場したのはやはり1638年のようです。ウィキペディアから“Casinò di Venezia”を訳してみます。
             
「ヴェネツィア最初の賭博場(世界最古)はサン・モイゼのリドット(Ridotto)で、1638年誕生した。1930年代末、リード島にカズィノ・ディ・ヴェネツィア(Casinò di Venezia)が出来た。1950年代にはチェントロ・ストーリコ(ヴェネツィア本島)のカ・ヴェンドラミーン・カレルジにも賭博場が開かれた。館は大運河に面しており、カズィノは現在も存続している。

1999年新しい賭場、カ・ノゲーラ(Ca' Noghera)が開店した。イタリアで初めてのアメリカ式のカズィノである。ヴェネツィアの二つのカズィノは町のチェントロ、大運河に面したヴェンドラミーン・カレルジ館であり、リヒャルト・ヴァグナーの最後の住処であった。そしてノゲーラ館はマルコ・ポーロ空港近くの5000m²の広さを有する近代建築である。」

現在、市の公式賭博場となっているヴェンドラミーン・カレルジ館の歴史については、2014.02.26日のブログヴェンドラミーン・カレルジ館で、またヴァーグナーについては2014.03.05日のヴェンドラミーン・カレルジ館2で触れました。尚、上記Nicolò Barattiero(ニコロ・バラッティエーロ、?~1181)について伊ウィキペディアは次のように書いています。

「イタリアの建築家兼技術者で、12世紀後半ヴェネツィアで活躍した。現代の歴史家は半ば伝説的人物と考えている。ロンバルディーア出身で、総督ヴィターレ・ミキエール2世(1156~72)統治下で、バルトロメーオ・マルファットと共にサン・マルコ鐘楼の一室を手掛けることでデビューした。その時木製の箱状の装置で物を巻き上げることの出来る滑車装置を考案した。それが塔の頂上まで物を運び上げることを容易にしたのである。
[この滑車の原理で、サン・マルコ小広場の2本の円柱を少しずつ起ち上げて立柱したのでしょうか?]

総督セバスティアーノ・ズィアーニ(1172~78)時代、暫く前、オリエントから運ばれて来て、サン・マルコ小広場に放置されていた2本の円柱を彼が立柱した(伝説によれば、陸揚げ中、潟に落ちた第三の円柱があるそうです)。年代記は告げている。結果が上出来だったので、ニコロはこの2本の円柱の間で賭場を開陳して良しとする認可を得た。彼の姓はそれに由来するとか。

2本の円柱の基礎部や柱頭を見ると、バラッティエーロのスタイルはビザンティン芸術の影響を受けていることが明らかである。ズィアーニと次の総督オーリオ・マストロピエーロ(1178~92)の統治下、木製だが、最初のリアルト橋を作った。それ以前はこの二つの河岸は船を並べた橋(ponte di barche―船橋)で繋がれていた。

彼は技術者、数学者、彫刻家として知られ、多くの優秀な弟子を育てた。」

この第三の円柱の捜索にヴェネツィアは動いているようです。2017.01.01日の次のブログをどうぞ。第三の円柱
  1. 2019/08/19(月) 09:23:24|
  2. ヴェネツィアの民俗
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアのトランスジェンダー(性同一性障害者) | ホーム | ティツィアーノ・ヴェチェッリオ(3)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア