FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――アンリ・ド・レニエ(6)

(『水都幻談』続き)
『世界名詩集大成』3巻 フランスⅡ「 館邸
  ――ア・ド・カラマン・シメー公爵夫人に――

そは夜ともならば、蒼白き大理石の低き正面の構えに、窓々の燈火あかあかとともりて、さながら幽霊屋敷なり。昼間は、宏壮にして古き未完成なる屋敷にすぎず、運河ぞいに、獅子頭の刻まれし、そが頑丈なる土台は立つなり。未完成ながら、固く接ぎ合わせし石材を利用し、中断せる普請のうち一階のみを生かせしなり。門よりは、錬鉄の格子戸ごしに、庭の茂みもうかがわれて、高き糸杉の一株、天に聳えたり。

テラスは、そが二段の盛土を水面すれすれにまで広げたれば、われ、そが石階に舟をつくること屢々なり。ここに住まえるはわが親しき婦人たちにして、この古家を人のためにも、己がためにも居心地よき住まいとせし人たちなれど、時にわれ、彼女たちを訪ぬべく格子戸をくぐらで、そこに立ち止まり、欄干に肱つきて、船の往来を眺めんとす。

太鼓腹のオベット船あり、軽快なる伝馬船あり、屋形をつけたる画舫あり。屋形は、長き裳裾に被われ、黒と金もて塗られたり。

このあかぬ眺めに何時までも浸りたけれど、人に見らるるにあらずやと不安なり。思わずふり返る。テラスには人影とてなく、ただかの馴染ふかき二つの像あるのみ。そは古の二人の少年を象どれるもの、服は十八世紀風にして、外套は半ずぼんの上にて開けり。締め金つきの靴をはき、縁の垂れたる帽子をかぶりて、純情可憐、いささか田舎じみたり。双の頬のぷっくりと膨らみたるもあどけなし。めいめいに消壺と提燈を手にす。而して、無言のまま、じっとわが方を見守るは、何ごとかわれに言わんとするものの如し。

さあれ、せんなしや、物言わぬ身の、持物のみにては、何をかわれに語り得ん。提燈が意味するは、日の短く、夜の長くなりしことか。かの火鉢にも似たる消壺のわれに教えんとするは、季節の移り進みて、夏も遠く去り、心地よき秋さえやがて終わらんとすることか。されば、今や赫(かがや)かしき陽光ともお別れなり。

かつては石に、水に、木の葉に、かくもゆたかに降り濺ぎしものを。かかることにあらずや、いたずら小僧共よ、君らの凍えし手と、君らが冬の持物のわれに言わんとするは。冬なりしか! されど、冬近きことは既にわれの知るところにあらずや。冬の気配は、とぼしくなれる光線にも、肌寒くなれる空気にも感じらるるなり。この欄干に絡める藤蔓の残りの枯葉をもぎ取るも冬なり。かの石の籠に盛りたる、彫刻の果実をわれに差し出すも冬にあらずや。風の音にも冬の声す。大潮の満ちて、運河を膨らますも冬なればなり。

かく、ヴェネチアは到るところ、うちふるう光線の中に冬を迎えんとす。然るに、など、かかる提燈や火鉢をわれに示さんとするや、あまりにも性急なる者共よ、君らのおせっかいが今さら何の甲斐あらん。

いな、いな、われ未だこの町を立ち去ることなかるべし。われはこの十一月の寒きヴェネチアをことさらに愛する者なり。濃霧につつまれて牛乳色せる、或いは、氷花に飾られて冷たき音たつる、かの瑠璃細工の如きヴェネチアは格別ならずや。雨とてもわれを追い出すことなかるべし。

入江の水鏡に映える空の色の、澄むとも濁るとも物かわ、庭の木の葉のことごとく飛び去らんとも、そは代赭(たいしゃいろ)色の、緋色の、鮮黄色のヴェールと変じて、秋のかたみの如くに水の面に散りしくにあらずや。

されば騒ぐなかれ、われとても何時かはこの町を去る身なれど、、日暮れて、ヂウデッカ寺のうえに上るかの三日月の、せめて美しき満月となるまで待つとせん。さればその夜の月は、君たちの影法師の、うつぶせに倒れて、君たちの面前にながながと伸びるを、そがヴェネチア風なる銀の面ごしに眺むることならん。 」
  1. 2019/11/30(土) 03:34:48|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィア | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――アンリ・ド・レニエ(5)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア