FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

アックァ・アルタ(5)

今季、何回となく紙上を賑わしているヴェネツィア名物(?)のアックァ・アルタ! 損害も何億ユーロにも及び、観光客が面白がっている段階ではありません。事態はCodice arancio(緊急事態、コードオレンジ)で、サン・マルコ広場の甃の敷石が根元から剥き出しになり、破壊された状態になったそうです。

本日のIl Gazzettino紙は、先日平均海面上130cmに達した高潮がこの日には120cmに届き、サン・マルコ広場の粗面岩の敷石(masegna)が高潮で破壊されたと語っています。[masegna(ヴェネツィア語)=macigno(伊語)の意で、大理石ほど硬くない灰色の岩石だそうです。]

サン・マルコ広場の甃の敷石は、パードヴァの西に位置するエウガーネイ丘陵産の粗面岩で貴重な物と言われ、それがこの週のアックァ・アルタで土台から剥き出しにされ、壊れる事態となったという事態です。この広場の敷石は18世紀に遡るもので、1800年代末、一部は修復されたそうです。

現在ではくすんだ色の敷石となり、イストラ半島産の石で飾ったりされたようですが、何か安定性を欠く状態だったようで、今回の高潮で土台から浮き上がったり、割れてしまったり、細かく割れて波に浚われ、元の方形に戻らないもの等多々。

ThetisとKostruttiva協会がいち早く文化財保護局に提示したプロジェクトは、破壊された部分の修復を規定しており、黒く汚れた敷石から雨水の排出作用等を取り戻すために、これらの敷石それぞれを分類し直す作業から始まるだろう、と。予算は3千万ユーロ。

ガッゼッティーノ紙には日本語の広告が結構掲載されており、日本の読者が多くいるということでしょうか。
  1. 2019/12/22(日) 23:16:54|
  2. ニュース
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの18世紀(1) | ホーム | ヴェネツィア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア