FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの18世紀(2)

ヴェネツィア共和国が滅亡することになる18世紀のヴェネツィアについて、ヘルマン・シュライバー著『ヴェネチア人――沈みゆく海上都市国家史』(関楠生訳、河出書房新社、1985年8月30日)という本は、次のように書いています。
ヴェネチア人「 ヨーロッパのごろつきの巣窟となった独立国最後の時代
一七〇九年から一七二二年までドージェの職にあったジョヴァンニ・コルナーロは、トルコ軍がわずか数週間のうちに一万六千名を失ったことを知り、新しい世紀が共和国の再興隆まではもたらさずとも、これ以上の衰微を招くこともないだろうという期待を抱くことができた。

偉大な家門と町とは、富裕で賢明であった。市民層――キリスト教徒とユダヤ人――も最近数世紀のあいだにずいぶん金持ちになっていた。そしてヴェネチア自体にもう偉大な将帥がいないとなれば、以前にはスイスの衛兵しかできなかったようなすばらしい軍事訓練をつい先ごろからおこなっている国々から呼んでくればよかった。

こういう期待は多分に真実を含んでおり、共和国最後の十人のドージェは事実、戦争での功績よりは精神、教養、文学での月桂冠によって世の注目を浴びることになる。しかしその他の点では、この共和国最後の世紀は、ヴェネチアといえども自然法則の例外を要求することはできない、ということを示した。

頭をたたき割ってやることのできるトルコ人もいなければ、不穏な貴族の若者がぞんぶんにあばれ回ることのできる戦争もないというので、若者のおちつきなさ、貴族の冒険心は、おだやかな人たちに向けられた。

ヴェネチアは、独立国として存立したこの最後の時代に、山師、盗賊、詐欺師、賭博師ら、ヨーロッパ全土から集まったごろつきの巣窟となった。潟の警察はかつてないほどに監視の目を光らせていたのだが。

そういう悪漢のなかでも最も手に負えない男が、十七世紀のヴェネチアに出現した。レオナルド・ペサロという貴族である。ルクレチア・パリオーニという美しい女のために、彼と仲間のカミッロ・トレヴィザンが殺人事件を起こし、ついにペサロはムラーノとメストレ、ヴェネチアとノアレに分散している一味徒党の指揮をするようになった。

金が必要になれば、カリマンのような金持ちのユダヤ人を襲うか、貴族の社交の場に押しかけて、悪口雑言をならべながら婦人たちの首や腕から宝石をもぎとるかした。女が必要になれば、祝祭の場やゴンドラから白昼に誘拐してきて、何か月も手もとに置き、一味の全部がたっぷりなぐさんだ。そういう女性はかわいそうに、その後はどこかのホームにはいって植物のように生きるほかはなかった。

モロシーニ家の男までが、法律の保護を停止されたこの二人の仲間に加わったとき、共和国は真剣になって、三人の相続財産を没収し、彼らを追放すると同時にその首に多額の賞金をかけた。これは、富裕で有名なこういう家門の子弟に対しては、たしかになかなかなしがたい決定である。

ブレーシアに近いヴェネチア領に領地を持つアレマンノ・ガンバーラ伯も、一七六〇年に同じような目に会った。彼は辻強盗一味の首魁になって、古い家名にあまりふさわしくない行動をしたのである。彼も国外追放になったが、こういう処置を見ると、総理府(シニョリーア)は、まだ権力の残されていた最後の世紀になって、高い身分の犯罪者を処刑するのにある種のためらいを感じたかのようである。

これはいささかふしぎである。というのは、これもヴェネチアの人ジャコモ・カザノヴァの口から、ドージェ官邸の地下室で音もなく次々に犯罪者を処刑した鉄の首輪(ガロット)、あのたくみに考案された造り付けの絞首刑道具の話を聞かされるのも、この世紀のことだからである。」
  1. 2020/01/20(月) 00:00:07|
  2. ヴェネツィアの歴史
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの18世紀(3)―その1 | ホーム | ヴェネツィアの18世紀(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア