イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――ジョルジョ・バッサーニ(2)

(続き)
「……ミコルはその日の午後過ぎにヴェニスに、彼女も≪射落す≫というプログラムをたずさえて出発していたのだ。彼女はきれいな旅行着を着て、トランクだの何だのをそろえて、食事に降りてくるや、≪虚を突かれて唖然としている家族の者に≫、心に堅く持していることを宣言したのである。つまり、六月にではなく、二月に卒論を仕上げて出るつもりである、ヴェニスではマルチアナとかクェリーニ・スタンパリアなどの図書館がすぐそばにあるから、うまくいくにちがいない、フェルラーラでは駄目である……」 (第三章の二より――大空幸子訳)
[サン・マルコ図書館(Biblioteca marciana)やクェリーニ・スタンパーリア(Querini Stampalia)図書館は有名です]

前回引用の訳文中の《マルツォ22番街(Calle Larga XXII Marzo)》[3月22日大通りの事]について: 
2007年11月22日のブログでも書きましたが、1848年はヨーロッパ中で革命の嵐が吹き荒れた年でした。特にイタリアは他国に支配されていた地域が多く、強権に確執を醸す、土地に根差した運動が各地で起きました。シチーリアの反ブルボン運動、ナーポリの大デモ、ミラーノの市民の市街戦《ミラーノの5日》等。

ヴェネツィア人の心にもその熱い息吹が伝わり、当時の占領者オーストリア帝国に対して、ダニエーレ・マニーン(1804ヴェネツィア~'57パリ)とニッコロ・トンマゼーオ(1802セベニーコ(ダルマツィアのシーベニク)~'74フィレンツェ)をリーダーに、民衆、特にアルセナロット(造船所労働者)達を中心にヴェネツィア人が蜂起し、権力の象徴(そこに敵の息のかかった軍隊がいた)としてのアルセナーレ(国営造船所)を占拠したのが《3月22日》でした。

その蜂起から始まった行動により、オーストリア支配を排除し、革命運動が成就し、第二のヴェネツィア共和国としての臨時政府が誕生しました。しかしこの革命政府もオーストリア軍の反撃で、再び一年足らずで潰えてしまい、マニーンとトンマゼーオは他の38人の主だった人達と共に国外に追放されてしまいます。

イタリア人による統治が復活するのは、イタリア維新(リソルジメント)の中、1866年にイタリア王国に併合されるまで待たねばなりませんでした(もはや《ヴェネツィア共和国》の時代ではなかったようです)。

色々な家が崩壊したことに始まった、この3月22日大通り地区の道路拡張整備により、広い大通りが1881年に開通し、あの革命的《3月22日》を記念して、《3月22日大通り》と命名されました。サン・モイゼ教会を背にして、大通りの前方どん詰まり右に、道路拡張記念のプレートが掲げてあります。
拡張された3月22日大通りの碑「市民の願いにより、1880年この道は拡張された。市長ダンテ・ディ・セレーゴ・アッリギエーリ」
バッサーニのこの本にはサント・ステーファノ広場が登場します。その広場中央にはニッコロ・トンマゼーオの銅像が立ち、多分《3月22日大通り》を、更にその先のアルセナーレを凝視しています。ダニエーレ・マニーンの銅像は彼の名を冠したマニーン広場にあって、彼の長年住み慣れた《我が家》を見下ろしています(生家については、サンタゴスティーン広場(Cp.S.Agostin)傍のアストーリ小路(Rm.Astori)最奥にその碑板が掲げてあります)。
ダニエーレ・マニーン像ダニエーレ・マニーンの生家トンマゼーオ左、マニーン広場のマニーン像。中、アストーリ小路奥のマニーン生家、右、サント・ステーファノ広場のトンマゼーオ像(背後のcagalibri)。
  1. 2009/02/28(土) 00:02:07|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:2
<<ヴェネツィアのカーニヴァル(1) | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――ジョルジョ・バッサーニ(1)>>

コメント

5 giornate di milano

flickr で「5 giornate di milano」の写真を見て、Milano でかつていったい何があったのだろうと探してこちらを見つけました。落ちついたすてきなブログです。拝見させていただきますね。
  1. 2009/03/29(日) 16:15:56 |
  2. URL |
  3. Kayla #ztHzLaig
  4. [ 編集 ]

コメント有難うございます。
ミラーノという町は好きで、ヴェネツィアに入る前はいつもこの町を歩き回った後
でした。例えば昨年は、ミラーノの「記念墓地」を歩きました。不思議な建造物が
沢山あり、人間が死後にどんな事を願っているのか、考えさせられました。
  1. 2009/03/29(日) 17:35:37 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #3KQvSmUY
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア