FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

伊語版Wikipedia“Peste nera(黒死病)”――4

(続き)
「 疫病猖獗前夜のヨーロッパ

10世紀~14世紀初頭の間、ヨーロッパでは人口増加は緩慢であったが、恒常的にあった。フランスとイタリアでは倍増したが、ドイツでは3倍増となった。この事は政治構造の安定剤として機能し、更なる安定性、そして中世の暑かった期間として知られる、温和な季節に移行した。

経済は栄えた。即ち、数世紀後には情報活動は効率的に維持され、商業交易は活発になり、黒海やビザンティン帝国にまで及んだ。14世紀初期、ヨーロッパの多くの都市には1万人以上の住民が住み、ある都市では、10倍を数える所まで現れた。イタリアではミラーノは約15万人、ヴェネツィア、フィレンツェでは10万人、ジェーノヴァは6万人。一方ヴェローナ、ブレッシャ、ボローニャ、ピーザ、スィエーナ、パレルモは多くても約4万人という数であった。

当時の食生活の基本としての食べ物である穀類の調達といういつもの大目的に向かって、耕作地の拡大や3年サイクルの輪作、新しい農具といった農業技術の改良があった。しかし1300年代初期の数10年間、“小さな氷河期”とその後歴史に残ったように、一般的な気温の低下のために農業生産は需要に応えられなかった。

1315~1317年にヨーロッパは、何年もの間発生したこともなかったような大飢饉に襲われた。特に北ヨーロッパの幾つかの都市では続く年月、別の飢饉が発生し、1338年と1343年の飢饉はヨーロッパ南部の国々の大いなる関心を呼び、記憶されている。

1325~1340年の間、夏は非常に低温多湿で多雨が襲来して収穫物を駄目にし、現在でも存在しているが湿地を拡大した。既に1339年と1340年、疫病の流行があり、多くの場合、腸感染症と仮定されている。これによってイタリアの都市は、死亡率の決定的な増加を見た。

更に状況を悪化させたのは、1337年、フランス王国とイングランド王国間に1世紀以上続く紛争が勃発したことであった。戦争に怯え、自分達の畑の些少の収穫物では生存し続けることが出来ない農民達は、日々の糧を求めて都市に向かった。道に捨てられ腐敗するゴミの山、下水溝とて無く、窓やベランダから直接道に捨てられる生ゴミと一緒に、相当ひどい衛生状態の中で、人口過密な居住区を形成していた。

これが、ペストが地中海の港に到達した1347年10月、パンデミックを爆発させるには理想的な状況、ヨーロッパの疫病猖獗前夜の姿である。 」 (5に続く)
  1. 2020/04/27(月) 23:50:00|
  2. 疫病
  3. | コメント:0
<<伊語版Wikipedia“Peste nera(黒死病)”――5 | ホーム | 伊語版Wikipedia“Peste nera(黒死病)”――3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア