イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――ジャン=ジャック・ルソー(2)

(続き)
「わたしの好みからいえば、オペラ音楽よりもはるかにすぐれ、イタリアにも、また世界のどこにも類のないと思えるのは、スクオーレの音楽である。

このスクオーレというのは貧しい少女たちを教育するために設けられた慈善院で、政府は、やがて彼女たちが結婚したり、修道院に入ったりするときに、資金を出してやることになっている。ここで少女たちにみがかせる芸のうち、音楽が第一位をしめている。

これら四つのスクオーレのそれぞれの教会では、日曜日ごとに、晩禱のあいだ、モテットが大合唱と大オーケストラで演奏される。イタリアのもっともすぐれた巨匠たちによる作曲および指揮で、格子のはまった壇のなかで、いずれも二十歳までの少女たちばかりによって演奏されるのである。

この音楽ほど官能的で、心をうごかすものはほかに考えられない。そのゆたかな技巧、妙趣あふれる歌曲、美しい声、正確な演奏、これらすべてがこの快い合奏にとけあって、教会という場所柄にはなるほどふさわしくないが、万人の心をうごかさずにはおかぬある種の印象を生みだすのだ。

カリオもわたしも、この Mendicanti(貧しい人たち)への晩禱には一度も欠席したことはなかった。これはわたしたちだけのことではない。教会はいつも愛好家でいっぱいだった。

オペラ座の俳優たちまでやってきて、このすぐれた手本によって歌の真の感覚をみがこうとした。わたしをがっかりさせたのは、あのいまいましい格子である。それがあるために声しかきこえず、その声にふさわしい美の天使たちの姿は見えないのだ。」
  ――『告白』(桑原武夫訳、筑摩世界文学大系22巻《ルソー》、昭和48年1月10日発行)より

ルソーのこのヴェネツィア時代の記述を読むと、700年代のヴェネツィアの音楽事情、即ち、四つあったオスペダーレ、ジュデッカ運河に面したザッテレにあったインクラービリ慈善院(養育院とも表記)、スキアヴォーニ海岸通りに面したピエタ慈善院、サンティ・ジョヴァンニ・エ・パーオロ広場近くのデレリッティ慈善院とメンディカンティ慈善院で行われていた音楽活動が垣間見えます。文中の《Mendicantiへの晩禱》は、メンディカンティ慈善院で歌われる晩禱の意でしょう。
[インクラービリ慈善院は現在、かつてアッカデーミア美術館にあった美術学校の本拠地がここに移されています]
マリブラン劇場ルソー(1)の文中、サン・クリソストモ座(私の表記法はサン・ジョヴァンニ・グリゾーストモ劇場)は、現在(左)のマーリブラン劇場となる劇場です。

また幾つもあったヴェネツィアのオペラ劇場での観客達の、当時のオペラに対する接し方が分かります。話には聞いたことがありましたが、オペラ劇場は、賭博場であったり、レストランであったり、娼婦達の客引きの場だったりして、絶好のアーリアがやってくるまで誰も聞いていなかったようです。

『新エロイーズ』や『エミール』等のこの作家は日本にも大変影響を及ぼし、島崎藤村などは『告白』を何度も読んだそうです。この文学者にして思想家のルソー全集が刊行されている国はフランス以外、日本とドイツだけなのだそうで、明治以後、日本はルソーの思想に影響を受け、取り込み、彼の全てを知りたくなった国の一つだったようです。
  1. 2009/03/28(土) 00:04:57|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――ヘンリー・ジェイムズ(1) | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――ジャン=ジャック・ルソー(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは十数年前。ヴェネツィアには即一目ぼれ。
その結果、伊語勉強のためにヴェネツィアの語学学校に何年間か数ヶ月通いました。
その後もヴェネツィアを訪れるたび、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら書くのが楽しいのです。

*図版はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア