FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアの街灯の歴史(2)

(続き)
「……邸館の壁面に、最初843灯取り付けられ、1761年には1750灯、、1773年4月には1778灯と増加した。《サン・マルコ広場と広場に隣接する道を含む、市の夜間照明に必要な油》についての記録で、19世紀初めにセレニッスィマ共和国が2030灯の照明を準備したことが知れる。細かく言えば、ジュデッカ島12灯、ゲット地区27灯、サン・マルコ広場76灯、1915灯は町中に広がった。
点灯[サイトから借用]  点灯の係員は、仕事をより良く遂行するための梯子や道具類を所持した、ヴェネツィア語で bolleghieri という点灯夫である。

1839年7月、ガスを使用してのサン・マルコ広場とその周辺の照明の請負を決定するため、フランスの会社《De Frigère, Cottin, Montgolfier, Bodin(ド・フリジェール、コタン、モンゴルフィエール、ボダン)》との契約を結ぶ会合があった。

《他の主要都市より劣っているというものは何もないヴェネツィアは、特に再び美しく顕著になるとしても、現実にミラーノで動きつつあるガス灯問題に無関心ではいられない》と注記されている報告書は、新しいシステムの導入を提案していた。そのシステムとは、4面を囲われ、下部はクリスタルガラスで、薄い鉄板で作られた街灯146灯でサン・マルコ広場、スキアヴォーニ海岸通り、メルチェリーア通り、サン・バルトロメーオ広場、ラルガ大通りの主要な場所を照明するというものであった。

《La Lionese(ラ・リオネーズ)》というフランスの会社は、サン・フランチェスコ・デッラ・ヴィーニャに最初のガス工場を建設し、1843年3月の13、14日にはその点灯の実験を行っていた。しかし2年前の2月には既に、屋外空間を明るくする提案が認められていたのである。それは《広場がどんな状況であろうとも、新聞が読めるような反射板が取り付けられた、2つの火口で点火する明かりが上部で点灯する構造の、鉄製の燭台置かれていた。》ということ。

しかし1864年までは、大半の地域では未だオイル・ランプが残存していた。その同じ年、そうした古い明かりの契約が満了になったので、ガス灯再検討のチャンスとなった。その会社は6年以内に全市に新しいガス燃料システムを拡大し、既にある1368灯に追加して500灯の街灯を取り付ける仕事を引き受けたのである。

それは邸館のファサードに鉄で取り付けたランタンであり、銑鉄を溶融して造った縦の棒から吊るした明かりであり、正に街灯(lampione)とか燭台(candelabro)という言葉に相応しいものであった。……」 (3に続く)
  1. 2020/11/30(月) 06:49:14|
  2. ヴェネツィアの街
  3. | コメント:0
<<ヴェネツィアの街灯の歴史(3) | ホーム | ヴェネツィアの街灯の歴史(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア