FC2ブログ

イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

ヴェネツィアのカーニヴァル 2021年

今日の新聞に、リオのカーニバルが中止になったとありました。
カーニヴァルカーニヴァルは暦年の宗教行事の一つです。人が集まるイヴェントが取り止めになったということで、例年行われていたように、各家庭内ではそれぞれの謝肉祭を楽しんでいたはずです。

ヴェネツィアのカーニヴァルの日程も近付いてきました。PCのサイトには、旅行社等の記事で2021年のヴェネツィアのカーニヴァルの予定が発表されています。ヴェネツィアの公式サイトにも昨年の内に公式の行事予定が発表されていました。

しかしこの1月4日付の《ラ・ヌオーヴァ》紙は、縮小された形で、イヴェントは定員制でやるか、Web上でやればOKとしていましたが、23日付では明確に人の集まるイヴェント、館での舞踏会等、サン・マルコ広場や通り等での人出を発生させる一切を禁じ、催しはonlineで発表するように、保健局のお達しです。市にとっては大打撃のようです。

NHK・TVで、昨年のヴェネツィア・カーニヴァルが、ヴェーネトで感染者はまだ僅か、しかし死者1名の報の直後、日曜日から中止になった時のフィルムを見たことがあります。主催者達は大変悔しい思いをし、今年のカーニヴァルに賭けていたと思いますが、昨年以上に残念な結果になってしまいました。このコロナ禍はいつまで続くのでしょうか。

1月21日のヴェネツィアの様子(早朝?)を撮られたMarco ScarpielloさんがupされたYoutubeから ヴェネツィア 1月21日。コロナ禍以前であれば、この明るさの朝早き時間、運河には沢山の船の動きが見られ、通りでは多くの人々が足早に歩き、サン・マルコ広場は既に観光客の姿があり、活気ある街を感じたものです。カメラに映し出された街を見ると、かつて泊ったことのあるホテルの場所にはシャッターが下り、ホテルの看板がありませんでした。
  1. 2021/01/23(土) 23:49:52|
  2. ヴェネツィアの行事
  3. | コメント:2
<<映画『ベニスの愛』 | ホーム | リアルト橋>>

コメント

こんにちは、

カーニヴァルが中止になって残念ですが…
1/21のヴェネツィアのYouTube動画をみましたがショックでした。

観光客であふれていたあのサン・マルコ広場に一羽の鳩の姿も見ない…
そしてゴンドラのないヴェネツィアを想像出来なかった~
家族との大切な思い出がつまった街が
復活するのは何時になるのだろう…涙が止まらない。
  1. 2021/01/26(火) 08:54:37 |
  2. URL |
  3. MINA #-
  4. [ 編集 ]

コメント、有難う御座います。
今年はイタリアでは、ヴェネツィアもヴィアレッジョでもカーニヴァル・イヴェントは外では出来ないと思われます。こんな事は今までなかったのではないかと思われます。中世の黒死病蔓延の時が思い起こされます。あの疫病猖獗で何万人と死者が出、結果、サルーテ教会が建立されたのでした。
こんな過去の苦難を言っても寂しさは拭えません。
この動画を撮った人はヴェネツィア在住のヴェネツィア人らしく、昨年来、人の居ない街をYoutubeにアップされています。
普通にヴェネツィアに行けるようになるのは何時の事でしょうか?
  1. 2021/01/27(水) 03:46:15 |
  2. URL |
  3. pescecrudo #j9tLw1Y2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

リンク

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア