イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――ライナー・マリア・リルケ(2)

リルケは『ドゥイノの悲歌』《第一の悲歌》の中で、閨秀詩人ガースパラ・スタンパやサンタ・マリーア・フォルモーザ教会のことを歌っています。彼がヴェネツィアの東、国境の町トリエステの西の郊外にあるドゥイーノのお城にタクシス夫人の招きで滞在したのは、1910年のことだったそうで、『ドゥイノの悲歌』の第一、第二の悲歌がドゥイーノのお城で書かれたのは1912年のことで、その年更に、イタリアの舞台女優エレオノーラ・ドゥーゼとヴェネツィアで親交を結んだと年譜にあります。
『世界名詩集10』リルケ ヘッセ「…… しかしあの愛に生きた女たちは? 彼女らをあらしめることで精根つきた自然は、
彼女らが塵に帰るにまかしている、そういう愛を生みだす力が
二度と自然にはないかのように。おまえはいったいあのガスパラ・スタンパを
心ゆくまで偲んで歌ったことがあるか、恋人に去られた
いずこかの乙女がこの高い範例にならって
自分たちもそうなろうと思いさだめるほどに。
……
また、さきごろサンタ・マリヤ・フォルモーサ寺院でもそうであったように
死者の碑銘がおごそかにおまえに委託してきたではないか。
かれらは何をわたしに望むのか。 ……」
 ――『ドゥイノの悲歌』《第一の悲歌》(手塚富雄訳、『世界名詩集10巻リルケ』、平凡社、昭和44年3月20日発行)

リルケが初めてイタリア旅行をしたのは1898年(23歳)の時で、フィレンツェ等を旅したようです。年譜によればボッティチェッリに感動したとあります。その翌年『神さまの話』を上梓しています。

「……あのポンテ・ディ・リアルトと呼ばれる大橋のしたをゴンドラでくぐりぬけ、フォンダコ・デ・ツルキや魚市のほとりを過ぎるころ、船頭にむかって、『右へ』と命じますと、船頭は、ちょっとびっくりした顔つきをして、きっと『どちらへ』と尋ねます。

それでもこちらは、舟を右にやるように、あくまで言い張らねばなりません。そうして、薄汚ない川運河のひとつに入ってから、舟を下り、船頭と船賃を掛けあって、悪態をすてぜりふに、せせこましい路地や黒い煤けた門道を抜けて行きますと、がらんとして、ちょっと開けた、広場のひとつに出られましょう。
……
……まあ、大体、ヴェニス総督はアルヴィーゼ・モンセニコ[モチェニーゴ?]四世治下のときと推測されますが、もしかすると、それよりも少し前後しているかもしれません。あなたもごらんになられたはずですが、たとえば、カルパチオです。あのカルパチオの絵を見ますと、真紅のビロードのうえにでも描きあげたように、なにか、ほのぼのと温かい、いわば森にも似た感じが、画面いちめんに、にじみ出ていますでしょう。

そうして、画面のなかの鈍い光のまわりには、そっと耳傾けるように影がつめよっていますね。ジョルジョーネは、くすんだ古めかしい金地に、描きました。ティチアンは、漆黒の繻子を、下地に用いました。

ところが、僕がただいまお話しする時代には、素絹の地のうえに色彩を置いた、明るい絵が、一般に愛好されていました。

したがって、人々に持てはやされ、さながら鞠(まり)のように、美しい唇が、太陽にむかって、投げかけていた名前、そうです、その名前はまた、こまかく震えながら、落ちてくるところを、愛くるしい耳に、受けとめられてもいましたが、じつにその名前こそは、ジャン・バッティスタ・ティエポロだったのです。……」
  ――『神さまの話』《ヴェニスのユダヤ人街で拾ったある風景》(谷友幸訳、『新潮世界文学32巻リルケ』、1971年9月20日発行)
『ヴェニスからアウシュヴィッツへ』.ドゥイーノやヴェネツィアのゲットについては、徳永洵著『ヴェニスからアウシュヴィッツへ』(講談社文庫、2004年7月10日発行)が色々触れています。

上記のように、リルケはヴェネツィアのユダヤ人ゲットのことを作品にしました。現在のゲットは、私が初めて訪れた何年も前の閑散としたゲット広場と異なり、再びユダヤ人達が舞い戻ってきて、昨年暮れにはかなりのユダヤ帽キッパを被った人々を見かけ、ここからユダヤを発信している活気を感じました。
  1. 2009/04/25(土) 00:03:16|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――ガースパラ・スタンパ(1) | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――ライナー・マリア・リルケ(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア