イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

文学に表れたヴェネツィア――アンリ・ド・レニエ(2)

彼はイタリアに憧れを懐いていて、特に1898年ヴェネツィアに初めて到来し、ヴェネツィアを発見するや、1924年までこの地に度々滞在しながら、外人観光客の多い、この街の中で、狭いカッレ(小路)やリーオ(小運河)、廃園の片隅等に、カルロ・ゴルドーニやピエートロ・ロンギ等の生きた18世紀の共和国滅亡前の、古き良き時代の香りを感じ取っていたようです。そうした愛着のため、小説作品の中にも、Venise の名前がよく登場するのだそうです。

戦前の昭和16年に弘文堂から出た草野貞之訳『ヴェニス物語』も、この『Esquisses Ve`nitiennnes』(1906)の訳だったそうです。
『ヴェネチア風物詩』Henri de Re'gnier[フランス・ウィキペディアから借用のHenri de Re'gnier]
「 ツァッテーレ河岸――マチウ・ド・ノアイユ伯爵夫人に

 私はきみたちが好きだ、おお、ツァッテーレよ、税関岬(ドガーナ)
にはじまり、終りはカリェ・デル・ヴェントまで、石畳の
河岸はさまざまな建物の面に縁取られ、灯にきらめき、
また夜の闇に包まれるきみたちの、ながながといつまでも
つづく面白さ! 私はきみたちの隅々までもが好きだ、
なぜならば、その舗石の上は、足速く、あるいは静かに歩く
にも快く、時間と季節の移りにつれて、日蔭や日向に佇む
のもまた楽しい、おお、ツァッテーレよ!

 しばしば私はサン・トロヴァゾの堀割を通って、きみたち
のところにやってくる。おお! 通りの角に立っている
アーケードと藤棚の家よ――その藤も、今年になって
ふたたび見たときには黄に染まっている! とはいえ、十一月
の明るい太陽はヴェネチアの空に輝き、空気はさわやかで
澄みきっていた。きみたちの遊歩場で、胸一杯にそうした
空気を吸うのは何と嬉しいことか、おお、ツァッテーレよ、
きみたちの背後には大きな運河が流れ、正面には三つの
教会と、サルビアと糸杉の庭とをそなえたジウデッカ教会
がそびえ立っている!

 だからこそ、私はいまここに来ているのだ。右に曲ろうか、
それとも左に? 私にはどうしていいのかわからない。
なぜなら、ドガーナの岬からカリェ・デル・ヴェントまで、
きみたちの一切が好きなのだから、おお、ツァッテーレよ!
廃疾者救済院(インクラビリ)のあたりはジェズアチの僧院やルンゴ橋と
同じように好ましく、また、龍の落し子どもを従えた青銅の
ネプチューンをノッカーに使っている古い宮殿が残っている
場所もいい。そうだ、あそこに行って背をもたせ、あの
細巻のきつい葉巻を、土地の人々が爪で真中から二つに
切って、その半分に火をつける葉巻を一本吸うとしよう。

 ぜひそうしよう。今朝は暖かく、空も澄んでいるのだから。
河岸で荷揚げをしている船が、舫索(もやいづな)の鈍い呻き声を
あげている。ここ以外の土地ならばどこにいっても、港と船
の出入りを眺めれば、いずこかへの出立と旅立ちの思いに
かられるもの。しかし、誰がヴェネチアを去ろうなどと思う
だろうか? 積荷の船がいかに腹を膨らまし、マストが
いかに帆綱をゆらそうと、すべてこれは無駄なこと。この
青銅のノッカーに背をもたれ、靴底をきみたちの地面に
つけているより楽しいことが、一体どこにあるだろう? 
おお、ツァッテーレよ。

 午砲が鳴り響いた。鐘も一斉に鳴り出した。私はジェズアチ
の僧院の、サン・トロヴァゾ教会の、サルーテ教会の鐘の音を
聞きわけた。レデントーレやサンタ・エウフェミアの教会や
ツィッテーレ尼僧院の鐘の音も、運河の
かなたから入りまじってくる。大気がうち震えている。私の散策
の刻もすぎた。明日こそは、かくのごとく漫然と送ることなく、
きみたちのすべてを隈なく歩き廻ろう。おお、ツァッテーレよ、
ドガーナからカリェ・デル・ヴェントまで、
すべてを隈なく、おお、ツァッテーレ海岸よ!」
[ツァッテーレ、カリェ、ジェズアチ、サンタ・エウフェミア、ツィッテーレは、ヴェネツィアに行かれる方にはそれぞれ現地音、ザッテレ、カッレ、ジェズアーティ、サンテウフェーミア、ズィテッレです]
  ――『ヴェネツィア風物詩』(窪田般彌訳、王国社、1992年1月30日発行)から。同書は平成17年に同じ形で沖積舎から再版されています。
  1. 2009/05/30(土) 00:00:45|
  2. ヴェネツィアに関する言葉・文学
  3. | コメント:0
<<文学に表れたヴェネツィア――ウィリアム・ロルフ | ホーム | 文学に表れたヴェネツィア――アンリ・ド・レニエ(1)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

カウンタ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手を知ったヴェネツィアを先ず訪れて、イタリア各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア