イタリア、とりわけヴェネツィア(Italia, soprattutto Venezia)

ヴェネツィア偏愛、時には脱線。

エレオノーラ・ドゥーゼ(3)

(続き)
「二人の最初の出会いは1884年5月14日だった。ミラーノのカルカノ劇場で『椿姫(La Signora delle Camelie)』を演じたドゥーゼのための晩餐会の時だった。アッリーゴは彼女の隣に座った。晩餐会にはジョヴァンニ・ヴェルガも出席しており、ほんの数ヶ月前トリーノで、彼の『カヴァッレリーア・ルスティカーナ(Cavalleria Rusticana)』を演じていた。
ボーイトドゥーゼ像[アッリーゴ・ボーイトとドゥーゼ、サイトから借用] 何日か後、ボーイトは彼女に次のように書いた。《貴女は出発した。糸は切れて、我々全員は地面に投げ出された。ヴェルガ、グァルドと私は床に鼻を付けるしかなかった。》 こうして彼らの関係は始まった。7年続き、残された数多くの書簡が証明するように、その関係は濃密で、情熱的だった。

しかし秘密があった。事実、書簡は1979年にやっと出版された。更に二人の間には愛情に溢れた郵便物が証言するように、常に親愛の情に溢れていたし、1918年の彼の死の時まで続いたのだった。

ボーイトと関係の続く年月の間、ドゥーゼはフィレンツェに住んだ。最初はスィニョリーア広場5番地、更にサンタ・マリーア・ノヴェッラ広場1番地。ボーイトは彼女にとって、友人であり、恋人であり、師であった。彼にとって、ドゥーゼとは劇場が文化となり、十全に自覚する大女優であった。

しかし彼の前に、彼女にはジャチンタ・ペッツァーナという偉大なる師があった。彼女は独創性豊かな、あらゆる事に関心を抱くマッツィーニ主義者で、男女同権論者だった。彼女は近代劇の1800年代型の主役というものを、新しい役柄として理解し、また19世紀初頭のヴェリスタとして彼女を指導した。エレオノーラはその教えを深く吸収した。土地は肥沃だったのである。その見習い期間、早熟で、実り豊かなものだったのだから。

1870年12歳の時、病気の母とペッリコの『フランチェスカ・ダ・リーミニ(Francesca da Rimini)』と、マレンコの『ピーア・デ・トロメーイ(Pia de' Tolomei)』の主役を交替した。以後1873年には、父の劇団で安定して役を演じていたが、2年後ペッツァーナ=ブルネッティ劇団に2番手の役柄で移動し、1878年(20歳)までチョッティ=ベッリ=ブラーネス劇団でプリマの役で演じた。

しかし彼女は満足していなかった。1 年後ジャチンタ・ペッツァーナと一つの劇団を立ち上げ、1879年ナーポリのフィオレンティーニ劇場で、ゾラの『テレーズ・ラカン(Teresa Raquin)』で大成功を収めた。その時以来、彼女の成功は数え切れない。その時代の最も偉大な女優として、サラ・ベルナール(Sarah Bernhardt)と共に考えるのは当然である。

1889年エジプト巡業と共に世界的な巡業を開始し、ドゥーゼは全ヨーロッパ、ロシア、3度は合衆国へと渡った。それに先立って、1885年チェーザレ・ロッスィ劇団と南アメリカへの巡業があった。帰国して夫と別れ、ローマ市のドランマーティカ劇団をフラーヴィオ・アンドと共に立ち上げ、座長となった。」 (4に続く)
  1. 2016/09/08(木) 00:03:10|
  2. | コメント:0

エレオノーラ・ドゥーゼ(2)

(続き)
「バルバロ館から僅か2m強離れてダーリオ館があるが、この不幸な館はラウール・ガルディーニの最近の不幸を含む、不吉な呪いが罹ったのか、多くの不運の痕跡を示して、深刻であると言われている。
ブルーノ・ロザーダ『ヴェネツィア女――愛とその価値』ここ数年ダーリオ館には、ラ・ボーム公夫人が住んで、知的友人達との小さな社交場を開いていた。そこにダンヌンツィオが彼の翻訳者ジョルジュ・エレルに連れて来られた。このサロンに足繁く通う友人達には事欠かなかった。例えば、アンジェロ・コンティ、当時ヴェネツィアの国立レジエ絵画館の館長に任命されたミスティクス医師、スペインの変幻自在の画家で舞台美術家のマリアーノ・フォルトゥーニ、そしてマリウス・ピクトール、即ちダンヌンツィオが定義を下したように“風変わりな聖なる画家”のマーリオ・デ・マリーアである。彼にジュデッカ島にオリジナルとなるデーイ・トレ・オーチ館が建てられ、そこからサン・マルコ湾が望めた。そして時にヴェネツィアにいる時、ドゥーゼもそこに出かけなければならなかった。

ある人が、正確に言えば大監督ラインハルトの事だが、家の門(水門の事)近くで不眠で夜遊びしている二人、ダンヌンツィオとドゥーゼのヴェネツィアでの偶然の出会いについて語っている。2艘の別の船で来て、同じ場所で船を降りたに違いない。ラインハルトは書いている。《彼女は彼を知っていた。彼は彼女に近付いた。そして一緒にヴェネツィアの夜明けの中、歩いていった。》

ロマンティックなことだ! 誰に分かろうか? 真実だったかも知れない。二人の間で愛について語られたかも知れないのは確かである。10年前のローマでの束の間の、儀礼的な出会いではなく、1894年の黄金色に紅葉した秋に、ここヴェネツィアで生まれた。

この愛の推移に従うことは、彼と彼女をより理解する助けとなる。そしてガブリエーレとエレオノーラの書簡が、劇作家の姉妹で、友人のテレーザ・ジャコーザに処分を頼んだエレオノーラ本人の意志で、消滅させられたのは真に残念である(否――言われているような事ではない――彼女の娘の意志だった)。

しかし、エレオノーラという存在をガブリエーレ・ダンヌンツィオとの関係で貶めることはない。彼女は偉大な女優であったし、あの伝説的な最初の出会いの時、詩人が幸運な直観で彼女を定義したように、偉大なるアマチュアでもあった。そしてもし、生き生きとした、色々な感情生活を送られたなら、自分の芸術のためにその恋愛体験を利用することが出来た筈である。

地味な役者テバルド・ケッキとの結婚後、1882年には娘エンリケッタが生まれた(彼女はイギリスの大学教授と結婚することになる)が、若い役者フラーヴィオ・アンドと短期間関係を持った。
メフィストーフェレメフィストーフェレ 2[左、オペラ『メフィストーフェレ』CD、右、その役柄] しかし1884年詩人で音楽家のアッリーゴ・ボーイトと結ばれた。文化的な広がりと深さを兼ね備えた男である。彼は音楽台本『メフィストーフェレ』の作家で、ジュゼッペ・ヴェルディの数多くのオペラ台本『オテッロ』『ファルスタッフ』の著者であったが、中でもミラーノ蓬髪主義運動の状況の中で、関係文書が沢山あり、それは1800年代末のイタリア文化の最も活発で創造的なマニフェストと考えられる。

ボーイトは彼女のために、ウィリアム・シェイクスピアの『アントニーとクレオパトラ(Antonio e Cleopatra)』を脚色したが、それはミラーノのマンゾーニ劇場で、1888年11月22日上演された。

そして少しずつエレオノーラの脚本とレパートリーが増え、またジュゼッペ・ジャコーザの演劇台本も増えていった。ジャコーザはボーイトの大親友であったし、ドゥーゼの親友でもあった。」 (3に続く)

ボーイトについては、2010.03.27日のカミッロ・ボーイトでも触れました。
ジュゼッペ・ジャコーザはプッチーニの『ラ・ボエーム』や『蝶々夫人』等の台本を書いた作家です。
  1. 2016/09/01(木) 00:02:08|
  2. | コメント:0

エレオノーラ・ドゥーゼ(1)

前回、カテリーナ・コルネールとアーゾロの関係について触れましたが、アーゾロでもう一人忘れられないのは、20世紀前半の大女優エレオノーラ・ドゥーゼ(1858.10.03ヴィジェーヴァノ~1924.04.21米国、ピッツバーグ)です。彼女は仏国サラ・ベルナール(1844~1923)、英国エレン・テリー(1848~1928)と共に、当時のヨーロッパ3大女優と謳われたそうです。シェイクスピア女優としてのエレンは、マクベス夫人とも愛称され、演出家の息子ゴードン・クレイグの母でもありました[『ゴードン・クレイグ 20世紀演劇の冒険者』(エドワード・クレイグ著、佐藤正紀訳、1996.11. 平凡社)参照]。
ドゥーゼベルナールエレン・テリー[左から、エレオノーラ・ドゥーゼ、ジョルジュ・クレラン画のサラ・ベルナール、ジョン・シンガー・サージェント画のエレン・テリー。3者、サイトから借用]
灰の1灰の2[2001年イタリア年の『イタリア映画大回顧』図録より] 私がエレオノーラの演技を見たのは、2001年の初の日本におけるイタリア年の時、京橋の国立近代美術館フィルムセンターで見た無声映画『灰』ででした。彼女については、2009.01.17日のブログルーカ劇場で触れました。B. ロザーダ著『Donne veneziane(ヴェネツィアの女)』(Corbo e Fiore Editori)から彼女の生涯を辿ってみます。

「《おゝ、偉大なるアマチュアよ》。それは22歳のガブリエーレ・ダンヌンツィオがエレオノーラ・ドゥーゼに向けた最初の言葉に違いない。1885年の夕べ、ローマの劇場の幕間で、舞台の袖で、彼に突然泣かされたのだった(何故かは分からない)。その神話が真実ならば、ヴァッレ劇場の3月2日の夕べの事だろう。そこでエレオノーラはデュマの『ドゥニーズ』を演じていた(カミッロ・アントーナ=トラヴェルシの言うように『椿姫』ではなかった)。

その最初の束の間の出会いから(しかし詩人の言葉は、既に新しい、初々しい接吻の希求を表している)、歴史が伝えるように、その後、大いなる愛が始まる。他人に対する限りない愛のみならず、何しろ多くの人々の意見にあるように、その愛は女優エレオノーラ・ドゥーゼの美点を隠してしまうようなものだから。後と言っても9年後のことである。ダンヌンツィオとの最初の出会いのその頃、ドゥーゼはアッリーゴ・ボーイトに完全に心を奪われていたのだから。

本題に入ろう。エレオノーラはヴェネツィアで誕生したのではない。ヴィジェーヴァノに生まれた。しかしそれは偶然のことで、世界を巡業して回っている役者で、キオッジャ出身の両親からである。キオッジャで4歳の時、デビューした。ヴィクトル・ユゴーの『あゝ無情』の劇場版のコゼッタ役である。

キオッジャとヴェネツィアの感性的なアイデンティティを考えると、キオッジャ人とかヴェネツィア人とかいうことには、然したる違いはなく、誰も何も盗まれることはないし、エレオノーラ・ドゥーゼをヴェネツィア女として紹介しているようなものである。何度となくヴェネツィアに対する愛を言明しているから、結局それは、彼女のヴェネツィア性であって、養子だとか言えないが、正にそこが由って来る所である。

そして彼女はヴェネツィアに長らく住んだ(当然女優としてであり、巡業の合間の休息時である)。大運河のサン・ヴィーオとサルーテの間のサン・グレゴーリオ教区の古い館バルバロ館で、屋根最上階にオジーヴ式の大きな窓があり、そこから全市が見渡せた。
カ・ダーリオ旧聞に属するその年月の事を次のように語る人がいる。《エレオノーラは骨董的家具は僅かながら、夥しい絨毯で調度を整えていた。部屋に辿り着くまでの長い階段の脇には、緋色の織物が上から吊り下げられていた。》 館の所有者はロシア人の紳士で、アレクサンデル・ニコライエヴィチ・ムロンゾフ(Alexandre Nicolaievitch Mouronzov―あるいはヴォルコフVolkov)、更に詳しくは、サインする時のようにルソフ(Roussoff)という名の類稀なるインテリで、貴重なる絶品の収集家であり、大変仰々しいタイトルの本『批評の中での大まかな事』の著者で、彼女に甚大な影響を及ぼした。

そしてこの人物の興味のお蔭で、エレオノーラ・ドゥーゼはロシアへ最初の巡業をして、シェイクスピアの『ロミオとジュリエット(Giulietta e Romeo)』で、1891年5月4日サンクトペテルブルグ(San Pietroburgo)のプティ・テアトル(小劇場)で大成功を収め、ベルリン(Berlino)やパリ(Parigi)への道を切り拓いた。 」 (2へ続く)

ニュースによりますと、イタリア、ラツィオ州リエーティ県アペニン山脈ラーガの山々の麓、特にアマトリーチェ近辺を中心に、24日未明マグニチュード6.2の大地震があり、大被害が発生した模様です。イタリア・ブログを書いている者として、現地の方々にお見舞いの意を表明致します。追記: 267人(8月26日)が亡くなられたそうです。お亡くなりになった方々に哀悼の意を表します。200名以上の方が瓦礫の中から救出されたそうです。更なる救出を願うばかりです。
  1. 2016/08/25(木) 00:02:14|
  2. | コメント:0

詩人、吉増剛造さん

その年、語学学校ヴェネツィア学院に通学していた時、私のクラスにはチリ、アゼルバイジャン、トルコ、モロッコ、スペイン、オランダ、ドイツ、日本の老若男女が学んでいました。国籍が種々だった故か、その日の授業は何の話からそうなったか記憶にありませんが、ニコ先生は自分の国の詩人の名前を挙げるように求めました。

私の隣に座っていたチリ出身のアナがネルーダと言ったのだけは記憶にあります(彼女はご亭主がマルゲーラで仕事、メーストレ奥のMiranoに住み、伊語習得。私と馬が合いました)。《Neruda》はチリ人なのだと初めて知りました。私は《Gozo Yoshimasu》と答え、伊語での彼の説明に苦慮しました。

何故この名前を発声したのでしょうか。詩人の名前は沢山あります。私の住む町内には、夭折した立原道造の弟さん夫妻がいて、後ろ姿など何度かお見掛けしており、彼の詩集も時たま覗いたりしていましたから、立原道造には愛着があったので、東大裏の《道造記念館》には2度は行っているのですが。
草書で書かれた、川私の好きな詩集『草書で書かれた、川 吉増剛造詩集』(思潮社、一九七七年七月一日)の中の一節に《「ゴーゾーさん」 不思議な声が木魂している》(『窓辺にて』より)とありますので、以後は「ゴーゾーさん」と書かせて頂きますが、多摩川、高麗川が歌われ、私の住む八王子、そこを貫流する浅川や、また福生が歌われます。
黄金詩編静かな場所『静かな場所』(書肆山田、一九八一年四月二五日)という紀行書に次のような一文が。
「現代アメリカの生活のなかの音をとらえようとするのだが、なかなかむつかしい。まず考えつくのは、これは日本でもそうだがクルマの走る音、そしてテレビ、ラジオの音だ。いつかめずらしい静寂のなかにいるなとおもったことがある。数年前に訪れた水の都ヴェニス。当りまえのことだが、水路が主な交通手段だから、クルマのはっとする音が聞こえない。そして、クルマがここには入ってこられないのだと考えると、不思議と落着きを覚える。……」

「ゴーゾーさん」は都内の阿佐ヶ谷で誕生され、以後、都下の基地の町〝福生″で成長されたそうです。私は八王子に住む前、福生の多摩川沿いの福生団地で生活しました。福生では、アメリカン・グッズの店から、「ゴーゾーさん」の実家前、多摩川岸へとよく歩き回りました。そうした風景が『草書で書かれた、川』を読む度に、眼前します。
マリリアのパフォーマンス盤上の海、詩の宇宙奥さんのマリリアさんと「ゴーゾーさん」トークによるコラボレーションによるパフォーマンス、またTVで見た、天才棋士羽生善治さんとの対談は録画して何回か見ました。そして羽生善治・吉増剛造対談集『盤上の海、詩の宇宙』(荒木経惟写真、河出書房新社、一九九七年八月二〇日)が出版されました。激しく刺激を頂きました。
剛造展パンフ表剛造展パン裏表声のま 図録[右、図録カバー] そんな訳で、『声ノマ 全身詩人、吉増剛造展』(2016.06.07~2016.08.07、東京国立近代美術館)を見にいって来ました。疾走してきた詩人の言葉は爆裂し、爆裂し、爆裂し、その飛散した片言、片言、片言を拾い集め、私なりの構築をしたいと思ったことでした。美術館売店に寄ると「ゴーゾーさん」のコーナーに詩集『怪物君』を始め、関連の書籍が爆発していました。その中の1冊『我が詩的自伝』(講談社現代新書、二〇一六年四月二〇日)は、「ゴーゾーさん」のユーモアに満ち溢れ、大変楽しい本でした(下、何方でも楽しめる新書版[カバー]です)。
オシリス、石の神我が詩的自伝gozoCine`を見ながら、「ゴーゾーさん」の詩の謡いによる《詩能》を思っていました。
  1. 2016/07/07(木) 00:15:29|
  2. | コメント:0

谷崎終平さんの思い出

昨年秋、ヴェネツィアのカ・ペーザロ(東洋美術館)の売店で本を買ったことは以前書きましたが、その本『Tanizaki Jun'ichiro` Yoshino』(Letteratura universale Marsilio、1998、2006)を漸く少しずつ読み始め、関連して思い出すことの幾つかを記してみます。
Yoshinoこの本は《Mille Gru Collana di classici giapponesi diretta da Adriana Boscaro》というシリーズの1冊で、ヴェネツィア大学日本語学科主任教授アドリアーナ・ボースカロ教授の伊訳に寄るものです。ボースカロさんについては2008.01.09日のヴェネツィア大学や2008.01.19日のザッテレ海岸通りで触れました。

これは谷崎潤一郎の『吉野葛』を訳したもので、近年都内に住む娘が吉野古道を歩いてきたよ、と話してくれたのに誘われて、何年か前読み返したものを再度読みました。伊語で読むとまた異なった感懐があります。〝日本的″というとどうしても漢字やひらがなと、感性が結び付いてしまいます。

2009.12.26日日本の災害ニュースと題してブログを書きましたが、それはヴェネツィアのサン・マウリーツィオ広場で定期的に開かれる骨董市で買った古い絵入り新聞が、1938年神戸で起きた大水害事件の絵を掲載しており、この水害事件を谷崎潤一郎が『細雪』の中で物語に取り込んでいると知っての事でした。

谷崎は大東亜大戦中、空襲警報下でも原稿用紙に向かう姿勢を崩さず、只管『細雪』の完成に打ち込んでいたといわれます。谷崎流の韜晦した、戦争反対の意思表示だったのでしょうか。

かつて勤め人時代、私の席の背中合わせに谷崎終平さんという大先輩があり、一緒に仕事をしたことがありました。谷崎潤一郎の末弟と紹介されました。終平さんは気さくな人で、私など若造を隔てなく付き合って頂きました。その内終平さんを頭に他の先輩2人と私にも声を掛けられ、4人で屡々仕事帰りに酒を酌み交わすこととなっていきました。終平さんは日本酒好きで、飲酒後は甘い物を欲しがり、よくアンミツ屋のような所へも連れ回されました。甘い物苦手の私はトコロテン等を食べていましたが。

あちこち飲み歩きましたが、上野の湯島天神下の十字路角に〝シンスケ″という飲み屋(昔は木造の1階屋だったのですが、現在はビルに)があって、お連れした時、「ここはよく健ちゃんに連れてこられたよ」と言われ、「健ちゃんって誰ですか」と問うと、評論家で英文学者の吉田健一氏のことで、終平さんは当時懐具合が芳しくなかったようです。兄に養ってもらっていたと言ってました。

会社の旅行があって、その足ついでにその先に脚を延ばし、塩原、上高地、伊勢などに4人組で行きました。終平さんは終始朗らかで、若い者達の笑いを取る旅でしたが、唯一参ったのは、睡眠中の歯軋りでした。初めて終平さんの歯軋りを聞いた夜は朝方まで眠れませんでした。しかしいつも4人セットの旅でした。

終平さんは我々の酒席では潤一郎の事は話しませんでしたが、『痴人の愛』のナオミのモデルになった、現おばあちゃんが健在の事を話したことがありました。終平さんがお亡くなりになった後の事ですが、おばあちゃん達の皺を克明に描く鉛筆画家の木下晋画伯がナオミおばあちゃんを描きたいと言われ、谷崎家に交渉したことがありました。完成し、無事におばあちゃんのお披露目の展が開かれ、楽しく拝見しました(池田20世紀美術館)。
木下晋 『懐しき人々』終平さん執筆の『懐しき人々――兄潤一郎とその周辺』(文藝春秋、平成元年八月十五日――出版記念会は日比谷公園の松本楼でした)を読んで、初めて一晩中寝ないでお通夜をしたのは、佐藤春夫が亡くなった時と終平さんは書かれ、以後私もお通夜は寝ないで燈明や線香を欠かさないものだと、親父のお通夜を始め、終平さんの範に従っています。

偶々私の娘(終平さんの娘さんが外交官に嫁ぎ、外国で生まれた終平さんの孫の代りに、私の娘の幼児の写真を所望され、定期券の裏に収まっているのを見せられたことがありました)が清州橋の側にアパートを借りていて、訪ねる度に人形町の甘酒横丁近辺を何度も歩きました。潤一郎が生まれたのはこの辺りだったのですね。一杯引っ掛けてのこの界隈の街歩きは楽しいです。

TVでドナルド・キーンさんのお話を聞くと、ノーベル文学賞候補に先ず谷崎潤一郎、2番手に川端康成、次いで三島由紀夫だったとかだそうです。1965年には谷崎は亡くなり、1968年に川端がノーベル賞を受賞します。しかし1958年、1960年と谷崎は候補に上っていたらしいですが、時機熟さずだったようです。終平さんの〝お兄ちゃん″、残念でした。
  1. 2016/06/30(木) 00:05:32|
  2. | コメント:0
前のページ 次のページ

カウンタ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

ペッシェクルード(Pescecrudo)

Author:ペッシェクルード(Pescecrudo)
初めてイタリアに行ったのは1994年、ヴェネツィアには即一目ぼれ。その結果、伊語会話勉強のためにヴェネツィアの語学学校に数年間の間、何ヶ月にも渡り通いました。
その後勝手知ったヴェネツィアを先ずは訪れて、各地にも足を伸ばしています。
東京に住んでいるので、憧れのヴェネツィアについて何かしら触れているとヴェネツィア気分で楽しいのです。

*図版・写真はクリックすると拡大されます。

最近の記事+コメント

カテゴリー

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

過去ログ

フリーエリア